中国Webニュース

Googleが正式にポップアップ公告への対策を始め、検索順位降下の処理を行います。

広告は一般的なウェブサイトでの主な収入源となりますが、ウェブサイトのユーザーにとっては見たくない広告が貼り付けられているときもあります。とくに画面全面広告のような、規則に違反している広告はすべて検索エンジンから排除される可能性があいrます。

Gooleは数日前に、3種類の検索ランキングに影響する広告を発表しました。それは、「メインコンテンツをオーバーラップしている挿入広告(クリックでポップアップ、ブラウジング中のポップアップもすべて含みます)」、「スマホの画面を全部占領してしまう広告」、そして「スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトになっている広告」です。それらの3種類の広告はすべてあたらしいアルゴリズムの影響を受けて、Googleでの検索順位が下がる結果となります。

実はGoogleは去年すでにこれらの措置を今年1月から開始するとアナウンスしていたのですが、それぞれの大きなサイトではいまだに検索順位降下といった措置は行われていませんでした。なぜなら多くのサイトの収入は広告収入に依存しており、短時間では改善できないと見込まれたからです。しかし、もしGoogleの方針が徹底されるようになると、それらのサイトの検索順位に影響がでることになります。そうなればサイトの運営者は広告の形式を調整するようになるでしょう。
しかし広告ではない、ポップアップ公告はGoogleの今回の調整範囲ではありません。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。