中国Webニュース

年商億越えの微商小黑裙がアカウントを凍結される。

微商は大流行した後、すぐに人々から疑いの目を向けられた。最大の原因は微商の代理販売方式であり、この方法はよくマルチ商法と同一視される。現在多くの微商がこの理由により凍結されている。最近腾讯众创空间「双百计划」の新時代戦略的融資を受けた小黑裙は、その次の日に微信チームにアカウントを凍結されてしまった。

2015年8月に女性向けのインターネットブランドとして開始した「小黑裙」はたった一年の間に微信オープンアカウントのフォロワーが700万を超え、年商は1億元にせまった。
微信プラットフォームにより創業したネット商はとても多い。しかし、単一の品目でここまで大規模の商売とし、このように多くのフォロワーを惹きつけたものは少ない。小黑裙は孤軍奮闘していた訳ではなく、2015年8月に洪泰基の200万元のエンジェル投資を受けている。2016年には追加投資を受けており、また腾讯のモーメンツに加入したばかりであった。

小黑裙の創始者王思明はかつてこのように説明している。
実の所、この販売方式は珍しいものではなく、私が考え出したものでもない。この方法はかなり前から存在しているものである。ただ、私達が最終的に選択した方式というだけであり、最も重要なのはやはり小黑裙の商品であった。良心的な品質はその方式にかかわらず皆に推薦するに値するものである。

やっとの事で腾讯系列に入ったのに、何故突然凍結されたのか?
凍結の原因は小黑裙が3次代理販売に依存した為であり、微信オープンアカウントが凍結された後、小黑裙が各「スポンサー」に発表した通知は以下の通りである。
2016年7月5日、微信チームがかつて世に出した「微信オープンプラットフォームに関するリベート方式による詐欺行為の公告」で厳格に微商の代理販売を制限している。
2016年8月22日、腾讯微信安全コントロールセンターのシニアディレクター郑立鹏は微博認証として、微信プラットフォームの代理販売は2次までしか認めないと正式に確認した。
よって、小黑裙の3次代理販売方式がこれに抵触した事は明白である。以前小黑裙はいずれ3次代理販売方式を1次スポンサー方式に調整するとしていたが、間もなくまた再変更とした。
今回のアカウント凍結事件は「とばっちり」なのか、それとも確かに問題があったのか?引き続き注目したい。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。