中国Webニュース

北京で売春クラブ一斉摘発、顧客に多くのインターネットCEOも?

北京市公安局公式微博の発表によると、12月23日夜、北京警察は多くの違法売春クラブを摘発しました。
その内、保利倶楽部のネットサイトでは「北京で天上人間の無き今、最高のサービスを享受出来るのは保利倶楽部だけ」と紹介している。クラブは朝陽区東四十条保利劇場に位置する。
ネットサイトでは、顧客は国内外の一流企業家や国内の映画俳優、、北京大型財団のCEO等と紹介されている。関係者によると、それは長江商学院を中心とする、すなわちインターネット関連の投資者であり、インターネット関連会社のCEOの半数が顧客であると言われている。
ネット上ではいわゆる逮捕者リストが流出し、大部分は英文を使用し身分を明かしていないが、それがネットユーザーの更なる憶測を呼んでいる。

以下は逮捕者リストです。

このリストはまだ更新中である...

時代の先端を行くインターネット思考がどうして売春を?共有、ソーシング?今年はお正月に帰省しお見合いをする美女が増える事だろう…。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。