インターネット普及のこの時代、非常に多くの犯罪が横行しています。一つの理由は、情報が漏洩したということです!最近の地下ネットワークでは12Gパケットデータが流出しているといわれており、そこにはユーザー名、パスワード、電子メール、QQ番号、携帯電話番号、身分が確認できるものなどのなんと数千万に登る情報が含まれています。
闇市場の買い手と売り手は、これらの情報の的出所は京東であると認めています。
これらの件を踏まえ、京東は緊急に事の信憑性を検証するとしています。
業界筋によると、データはすでになんどもマーケットで売り買いされ、「これらのデータは少なくとも100以上のブラック企業の手の内にある。」とされています。

データ漏洩後多くの時間がすでに経過しており、なぜ今まだ漏洩し続けているのかは原因不明とされ、業界筋によると「内部者による裏切り」または「ハッカーによるデータ盗み」とし、発見から対策することは困難であるとしています。
業界筋によると、データ漏洩後、ハッカーはまず手始めに、アカウントにある重要な情報を使い、たとえばインターネットゲームアカウントにログオンし、仮装通貨などで振り込んで逃げるのです。このような過程はだいたい何ヶ月もさらにはもっと長い期間を要します。
2015年、京東は、ユーザーのプライバシー情報の大量漏洩にともない、複数のユーザーが金銭を騙し取られ、何百万元の損失を出しました。

一年後にやっと、京東は調査の結果を報告し、「内部者による裏切り」としています。
インターネット事業の企業に言わせると、特に、配達業による、個人のプライバシーの漏洩は防げず、この情報は必然的に犯罪者たちに利用されてしまいます!
漏洩事件が本当か嘘かはどうあれ、私たちは必ず複数のアカウントに複数のパスワード、とりわけ銀行などのアカウントには要注意、ハッカーによるパスワード解読されないようにしておかなければなりません!

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!