日本在住の外国人が日本で不動産を買うために必要な書類

仕事ビザや家族ビザなどで日本に住んでいる親戚などの名義で不動産を買う場合は、何を用意すればよいのでしょうか。

実は、日本に住んでいても、日本人が購入するときよりも余分に書類が必要になります。

日本在住の外国人の方が必要な不動産購入のための書類は以下の4点になります。

(1)外国人住民票
(2)在留カード
(3)印鑑証明書
(4)印鑑

それでは、この4点について詳しく見ていきましょう。

必要書類の詳細

(1)外国人住民票

まず必要になるのが外国人住民票です。

外国人住民票は、お住いの市区町村窓口で発行されています。

購入者が法人の場合、会社登記簿謄本と資格証明書を外国人住民票代わりに利用することができます。

(2)在留カード

次に必要なのが在留カードです。

在留カードは、中長期在留者向けに入国管理局の発行する在留証明書兼在留許可証です。日本に住んでいる外国人はみんな持っています。

これは、購入した不動産の登記のために必要になります。

(3)印鑑証明書

次に必要なのが、印鑑証明書です。

これは、売買契約書に添付するために必要になります。

印鑑証明書は、居住地の市区町村に印鑑を登録することで取得できます。

もしも印鑑証明書が用意できない場合、在日の中国大使館が発行する「サイン証明書」を代わりに利用することができます。

購入者が法人の場合には、会社実印代表者の印鑑証明書が利用できます。

(4)印鑑

最後に必要になるのが印鑑です。これは売買契約書など、購入の際に必要な書類に捺印するために必要です。これは認印でも可能です。

前回同様、必要なものを漏れのないように準備をしましょう!

いかがでしたか?

準備段階で不安がある、いい不動産がわからないという場合は、不動産屋に相談してみてください。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!