中国 中国SEO

中国SEO対策の基本

computer-767776_640

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」の事です。Webサイトが検索結果でより多く露出される為の、一連の取り組みを指します。現在、EC市場やインターネットビジネスも消費意欲が高まる中国人をターゲットにした展開が形成されてきています。中国向けWebサイトのSEO対策とすれば、国内80%上のシェアを占める検索サイト「百度」のキーワード検索表示順位を上位にさせる技術となります。

中国の検索市場

中国の検索市場は、ここ数年のインターネットの爆発的普及により驚異的な成長を示しています。競合するWebサイトも増え、それに伴う中国でのホームページに対するSEO対策も当たり前の状況になり、これまで以上にSEO対策が必要と思われます。

「百度」とは?

百度(Baidu)は中国で最大の検索サイトで、全世界の検索エンジン市場ではGoogleに次いで世界第2位となっています。この百度の特徴は、トップページに「検索ワードランキング」や「話題の動画・画像」等の充実したコンテンツが並び、トップページを一見しただけで旬の話題が把握できる様になっています。しかも最近では検索エンジンの枠を超え、様々な複合的なサービスも展開しています。中国人ご用達の検索サイトと言っても過言ではありません!

中国ではGoogleもYahooも撤退し、日本の様な利用が出来ません。中国では政府機関によるネット上の検閲が厳しく制限されており、国内外を問わず政府にとって都合の悪い情報は削除されるシステムになっている為です。特に、他国との情報が飛び交うサイトは当然の様にアクセスが遮断されます。
現在、多くの中国の消費者は「百度」をメインに国産サイトのサービスを日々利用しています。中国でのSEO対策は、日本でのGoogleに対する SEO対策と同様に「百度」へのガイドラインに沿ったSEO対策が必要です。

SEOの仕組み

単に、ホームページを開設すれば「百度」で表示されると思われますが検索エンジンに表示させるには、その検索エンジンに登録されないと結果として表示されません。検索エンジンの仕組みとして、検索エンジンロボットという情報収集プログラムが自動的に、多くのリンクを巡回しキーワードごとにデータベース化して登録していきます。(百度は必須)

ロボット型検索エンジンの特徴

ロボットは、ネット内を巡回しながら大量のWebサイトとホームページの情報を登録し且つ、複雑なアルゴリズム(条件・基準)を元にサイトごとに得点や順位付けをしています。登録はWebサイト単位だけでなく、ページ単位で登録されているので特定のキーワード検索にマッチしたホームページが表示される仕組みとなります。SEO対策のポイントは、検索ロボットに高評価される事も大事ですがやはりユーザーにとって有益な情報を発信するということが重要なので、しっかりとコンテンツを作っていきましょう。

百度(Baidu)SEO対策

いずれにしろ、中国市場に進出した企業にとって「百度」は避けては通れない検索エンジンです。」
それゆえ、「百度」に対するSEO対策を強く意識した方が良いでしょう!
中国特有のSEO対策の基本として
① 検索エンジンへの登録(非常に重要)
② ICPの取得
は抑えておきましょう。

中国語圏へのSEOはネィティブな言語や、専門のスキルが必要とされます。
中国語サイトに強い株式会社レクサーに是非お問い合わせください。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。