中国Webニュース

アメリカのお客さんが悪い評価一つで、中国の会社から撤回のお願い

中国のEコマースビジネスを取り組んでいる人にとって、お客さんから悪い評価一つをつけられてしまうと、自分の経営が倒産してしまうパターンもあります。そのため、ある一部の人は手段問わず、あらゆる方法でお客さんに“悪い評価”を撤回してもらえる様に工夫しています。しかし、この様なことが海外で起たらどうなるでしょう、今年六月に、アメリカに暮らしている安全開発員Matthew Garrett氏が、アメリカのアマゾンにて商品を買い上げ、そして入手した商品に対し、悪い評価を残した為、製品の製作側中国工場の営業スタッフより“評判を撤回してほしい”というコンタクトがありました。

Matthew Garrett氏は1スター(最高評価5スター)の最低評価を残しただけではなく、なんと800字に近いコメントを書き込んで、プロの視点から購入したコンセントを分析し、隠された安全問題を指摘したということで、文書の中に、罵声や汚い言葉はありませんでした。

201607145485_852

中国生産工場の営業スタッフのコンタクトによりますと:“あなたが書き込んだコメント及び1スターの評価が原因で、私は自分の上司に怒られました。そして、なんとかこの評価を撤回出来なかったら、私は自分のボスに首されるという厳しい現状になっておりますので、是非ご協力頂き、悪い評価を良い評価に変えて頂けますでしょうか”という連絡でした。

どうやら、この営業マンも仕方なくコンタクトしたようですが、しかし、この様にお客さんに迷惑をかけたりするのはいかがなものでしょうか。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。