中国Webニュース

大量“バイドゥ普及”アカウントが盗難され 規則違反キーワードが多数提出

2016年以来、たくさんの中小企業の“バイドゥ普及”アカウントがハッキングされ、そしてそのアカウントはすぐに悪用され、残高がほぼゼロとなりました。アカウント残高が瞬間的に消失した後、被害に当たった企業は“バイドゥ普及”の代理もしくはバイドゥと交渉し、問題の解決を望んでいます。

しかし、被害企業が百度(Baidu /バイドゥ)に申請を申し込んだ後、アカウントがすぐにブロックされ、沢山のクレームがバイドゥに寄せられました。

ここで注目しないといけないのは、普段、一つのキーワードを提出し、審査するのにものすごい時間がかかりましたが、今回は大量のキーワードが百度(Baidu /バイドゥ)の審査を逃しました。よって、規則違反キーワード提出の段取りも謎になってきました。

また、アカウント使用停止の解禁手続きの一部としては、書類を提出することが必要とされています:
“アカウント盗難は個人による犯罪であり、百度(Baidu /バイドゥ)との関係性は一切御座いません。”かつ、“アカウントが盗難されている期間、経済的損失はバイドゥと一切関係御座いません、企業の個人責任となります。”と承諾することになります。

未だに百度(Baidu /バイドゥ)よりオフィシャル回答が発表されていないですので、今回のアカウント事件は、ハッカーの仕業によるものでしょうか、それとも、百度(Baidu /バイドゥ)の内部よる問題でしょうか。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。