中国Webニュース

インターネット広告管理暫定方案が実施 百度(Baidu /バイドゥ)が対象に

インターネット上のコマーシャルは広告関連法律に制約されていない時期があった為、フェークの広告が沢山広げられていました。よって、2016年7月8日にもちまして、国家工商行政管理総局が“インターネット広告管理暫定方案”を発表し、そして2016年9月1日より正式に実行される予定です。
201607083419_770

法案の内容としては:
(1)インターネットコマーシャルは分かりやすく“広告”を追記するべき。
(2)有料広告としての検索結果はオーガニック検索の結果と分かりやすく区別するべき。
(3)インターネットコマーシャルの発信元は広告の信憑性に責任を持つべき。

本方案にて定められているインターネットコマーシャルとは、ネットサイト・ページ・プログラムアプリなどインターネットメディアを経由し、文字・写真・音声・動画もしくは他の形で、直接的に(もしくは間接的に)商品やサービスを宣伝するコマーシャルになります。例えば:商品やサービスを宣伝する為に、リンクされた文字・写真もしくは動画を含めた広告、メール広告、有料検索広告、及びその他インターネットメディア経由の広告となります。

この方案は、商品のリンクを含めたインターネット上宣伝がインターネットコマーシャルになると意味しています。例えば、あなたのコメントの目的は宣伝セールスだとしたら、この方案に管理制約される対象となります。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。