中国Webニュース

“Bing”が中国語検索の“入札ランク”サービスを中止

“Bing”とは、マイクロソフト傘下の検索エンジンであり、中国国内では、あまり“存在感”がないかもしれませんが、“Bing”の写真検索はとても良いサービスです。検索エンジンにとって、“入札ランク”は主な収入手段になりますが、“Bing”が中国語の“入札ランク”サービスを停止すると発表しました。

201607307306_64

以下“Bing”通知全文:

お客様の皆さん:
検索サービスを調整する為、2016年8月31日により、中国語の“入札ランク”を中止とさせて頂き、もし質問がございましたら、直接代理もしくは“Bing”営業チームまでお問い合わせください。今まで“Bing”ご使用頂きまして、誠に有難うございました。後日また、お客様のお力になれる様、心よりお祈り申し上げます。

何故中国語“入札ランク”サービスを中止したのでしょうか、編集者は、あるいは百度(Baidu /バイドゥ)の事件と関連性を持っているのかもしれないと考えております。もし“Bing”も百度(Baidu /バイドゥ)事件のようなトラブルに巻き込まれたとしたら、外資系企業としては、おそらく対応し切れないのではないでしょうか。そして最新の広告に関する法律によりますと、検索における宣伝業務は広告法に当てはまることになったので、“Bing”はきっと、中国の市場を放棄したと言われています。

“Bing”の中国語に対する宣伝業務の放棄をしたことについて、読者の皆さんはどう思いますか?

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。