最近話題の「越境EC(Electronic Commerce:エレクトリックコマース)」。

いわゆる国外向けオンラインショップの事ですが、いざ立ち上げようと思うと、言語対応や支払受付など様々な障壁にぶつかるかと思います。

そんな「ECサイト」ですが、実は開設方法がいくつか存在します。

本記事ではその開設方法について、各種掘り下げて参ります。

『ECサイト開設方法』

まず分かりやすい物は「自分で構築してしまう事」ですね。
自分でサイトをくみ上げてしまえば、もうそれでECショップの完成です。
ただしそれにはいくつか障壁が存在します。
まず当然ですが、支払システムの組み込み。ある程度専門的な知識が必要になってきます。
仮に作り上げたとしても、そのショップサイトの宣伝も必要ですね。
そういったマーケティング部分にも精通していれば、いっそ自分たちでくみ上げるのも有りだと思います。
おそらくですが、ある程度…それこそ会社のような規模でないと難しいでしょう。
個人でECサイトを立ち上げる場合は後述する別の方法をオススメします。
その方法の一つが「ECサイトの構築を支援してくれる」サービスの利用です。
その代表的な物が「Magento」です。
「Magento」などのECサイトを構築する「パッケージ」を無償で提供してくれています。
サイト構築に難儀したら、こういったパッケージを利用する事も良いでしょう。

日本国内の企業が提供している「EC-CUBE」というパッケージも存在しますが、こちらは越境ECサイト作りにはあまり向いておりません。

日本国内向けのECサイト構築という意味では、「EC-CUBE」の方に軍配が上がるかと思いますが、多言語対応や、複数HPの一括管理を行いやすい「Magento」の方が越境ECサイト向きであると言えます。

ただし、パッケージを利用する場合、マーケティングに関する問題は残ってしまいます。
その辺りも解決したいのであれば、「eBay」や「楽天グローバルマーケット」といった、「インターネット上のショッピングモール」に登録するという手段があります。
おそらくこの「オンラインショッピングモール」を用いることが、最も手っ取り早く、簡単な方法だと思われます。

『中国向けECサイト開設方法』

ただ、中国に向けてショッピングサイトを開設する場合は、支払のシステムが他国のそれと違って独特であったりするため、注意が必要です。

最近、中国でECサイトでの購入が流行りすぎたためにECショップ周りの法整備が進んでいます。

その中にはECサイト経営者側の税負担が増えるようなものもあり、開設時には注意が必要です。

中国向けのECショップ開設に関してですが、「淘宝(タオパオ)」という中国のオンラインショッピングモールがあり、中国向けにECショップを開きたいという場合には、こちらを利用するのが最もお手軽です。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!