インバウンド

中国からのお客様動向

「爆買い」日本でも流行語にノミネートされるなど、一種の社会現象になっています。

しかし、最近、その動きにも少し変化が現れてきました。

昨年と今年では、中華圏のお客様の、一度の日本旅行での消費額は、減少傾向にあります。

それはどうしてでしょうか?

答えは、複数の原因が考えられますが、そのひとつに、日本への旅行の頻度が挙げられます。

今までは、一年に一度であった頻度が、半年に一度、三ヶ月に一度とリピートで日本に訪れています。

一度に爆買いする必要性が、なくなってきているのですね。

買い物の他には、日本独特の文化である温泉に入りに行く事も人気が出ています。

今後は、リピート旅行客の方にどのように、違った角度からアピールしていくかが重要になりますね。

今までは、「北上広」すなわち、北京、上海、広州、お金を持っている方々が日本を訪れていましたが、

現在は「江浙広福黒青四」 江蘇、浙江、広東、福建、黒龍、青海、四川など第二次の地域の方が日本に旅行に来始めました。

中国大陸は広大で、潜在する経済効果ははかりしれません。

民泊で話題のAirBは、大陸の方には、最後の会計が複雑なことや、場所を送ってはいけない不便さ等から、

まだ普及しきっていません。

現在人気の航空会社は、いくつかあり、

機内持ち込みが多く持ち込める所に人気が集中しています。

厦門航空は23キロが2つ、46キロまでOK,東方航空も46キロまでOkです。

一時の顕著な爆買いムーブメントのインパクトはないものの、まだまだインバウンドは見込めそうです。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。