インバウンド

東京都のインバウンド対応力強化支援

東京都の東京観光財団が「インバウンド対応力強化支援補助金」の公募を発表しました、中小企業団体・グループにとってはこの補助金がインバウンド需要を取り込むための一助になるのではないでしょうか。そこでこの「インバウンド対応力強化支援補助金」について解説します。

インバウンド対応力強化支援補助金とは

オリンピック・パラリンピックを控えた東京都は外国人観光客の取り込みを強化していくために都内の民間宿泊施設・飲食店・免税店・外国人旅行者の受入対応に取り組む中小企業団体等を対象として、施設や店舗の案内表示・設備の利用案内・ホームページ等の多言語化の費用、無線LAN環境の整備費用、トイレの洋式化等に取り組む場合に必要となる費用などの一部を補助するというものです。

対象事業者は

・都内の民間宿泊施設
・都内の飲食店・免税店(中小企業者のみ)
・外国人旅行者の受入対応に取り組む中小企業団体・グループ(協同組合・商工組合・生活衛生同業組合、そして中小企業者4者以上で構成される社団法人や財団法人)

補助対象となる事業は

インバウンド対応のために次のような取り組みを新たに行う場合に補助が受けられます。
・施設・店舗の案内表示・設備の利用案内・ホームページ、パンフレット等の多言語化
・無線LAN環境の整備
・トイレの洋式化
・クレジットカード決済端末や電子マネー等の決済機器の導入
・客室の和洋室化、テレビの国際放送設備の整備(宿泊施設のみ)
・免税手続きに係るシステム機器の導入(免税店のみ)
・外国人旅行者の受入対応に係る人材育成(研修会の開催費や外部セミナーへの参加費など)
・免税処理の簡素化を図るIT導入(免税店のみ)
・上記事業に係るコンサルティング

補助額は

補助対象経費の2分の1以内
【 宿泊施設・飲食店・免税店 】
1施設・店舗あたり300万円を限度
無線LAN環境の整備は1か所あたり15,000円以内(宿泊施設は1施設あたり最大50か所、飲食店・免税店は1店舗あたり最大10か所まで)
【 団体・グループ 】
共同で実施する多言語化・人材育成について、1団体・グループあたり500万円を限度

募集期間は

平成29年4月27日(木)から平成30年3月30日(金)まで
・郵送の場合、当日消印有効
・補助金申請額が予算額に達した時点で受付終了となります

申請先は

持参の場合
(公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課
郵送の場合
〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階
(公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課 宛

具体的な詳細は

TCVB 公益財団法人 東京観光財団「インバウンド対応力強化支援補助金」
http://www.tcvb.or.jp/jp/project/infra/welcome-foreigner.html
申請の手引き
http://www.tcvb.or.jp/jp/project/infra/documents/foreigner-tebiki_3.pdf
交付要領
http://www.tcvb.or.jp/jp/project/infra/documents/w-f-youkou.pdf

このように2020年の東京オリンピックに向けて東京都はインバウンド対策に積極的ですが、訪日中国人観光客が増加しているさなか政府観光庁も地方自治体向けに訪日外国人旅行者の受入環境整備の一環として「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業)」の募集を開始ししています。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。