中国Webニュース

アリババ、百度超え。中国最大手のネット広告会社へ

ネット広告は多くの企業にとってメインの収入源であり、ネットビジネス大手3社のアリババ、テンセント、百度の合計額が中国の広告市場のシェアの60%を占めています。BATが利益の大部分を占めていると言えるでしょう。また、この中でアリババが百度を超えて、最大手のネット広告会社になりました。

アリババは既に百度の主力ビジネスを脅かしており、例えば、Google の売上の大半はオンラインショップによるものですが、Amazon もオンラインショップの売上を独占しているので、直接Amazonでの買い物はGoogleの主力ビジネスを飛び越え、Googleはこの大きな売上を損失しました。ゆえに、Amazon はGoogleにとって脅威となっています。

そのため、アリババと百度はGoogleの関係はGoogleとAmazonのそれと一緒で、百度には広告料による格付けがありますが、淘宝にもあります。よって、百度とアリババの関係は一筋縄ではなく、アリババが百度を超えて、最大の広告会社になったことに間違ないという人いますが、アリババの利益モデルは京東商城、アマゾンと違って、広告費がそのまま入ってくるので、アリババがる゙カンパニーになるるという人もいます。

周鴻禕の言うとおり、QQに勝つのは決してQQの同業他社ではありません!

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。