LP(ランディングページ)とは?

一般ユーザーが,検索や様々な広告リンクなどからクリックした際に飛び先の
最初に訪れるWebページがランディングページです。

このページで商品やサービスの訴求がしっかりと伝わらないと成果には結び付きません。

デザインには平面ツールによるフラットデザイン・影やディテールにこだわったリッチデザインがありユーザーにポップなイメージを与えます。

LPを作る理由

広告リンクから流入してくる特定のユーザーに対して最適化しやすい。
情報を1ページに集約できる為,他ページへの転移が少ない。
サイトを最適化するよりも制作費が安い等の,メリットがあります。

Webサイトへのアクセスが増えても,結果としての利益に結び付かなければ意味が有りません。結果を出すにはランディングページの情報が重要です。
機能的なLPの導線設計と最適化を図る必要があります。

最近では漫画スタイルのLPも登場!

文章表示よりも目を引く表現や,リアルな現実感を持たせたストーリー展開でしっかりと情報を読み取ってもらう為の「漫画」という手法も制作されています。

現在多くの企業が,現実感とストーリー性のある漫画LPを導入しています。

中国人ユーザーの購買事情

現在の中国は急激な経済成長と,ネットの普及により日本の商品に対する関心が高まっています。自国の「安かろう悪かろう」製品から,高くても品質の良い日本製品を手に入れたいというニーズがあります。

その為,LPの印象やサイト内での検索で品質に関わる内容や支払いシステム,送料など細かな疑問点にまで配慮したページ作りが必要とされます。

中国向けLPの制作は?

中国人ユーザーに対してLPを制作する場合,中国人の趣味や趣向を理解した上での構成やデザイン,言葉選びを注意しなければなりません。

昔から中国人は赤が好きで魔除けと縁起の良い赤が生活のベースカラーとなっているので極彩色の赤が多用されたWebサイトも多く見られます。

しかし,街にもいろいろなカラーが溢れるようになった今の中国ではモノトーンやダークカラーの着こなしで歩く人も多くなり,ただ単に赤色を使えばいいと言う事はありません。

現在中国では,立体的でバーチカルな表現のリッチデザインが主流となっています。現地の流行に反映されたデザインの制作が必要です。

中国語のネィテイブな翻訳と言語

日本語の文章をそのまま中国語に直訳しても,分かりずらい表現になってしまう事があります。それを解決するには中国語特有の言語を深く理解したネィテイブなスタッフによる翻訳が必要です。

LP制作も中国人の今を考慮しつつ購買意欲につながるキャッチコピーや
デザインを心がける事を念頭に置く必要があります。

訪日外国人への多言語LP

2020年のオリンピックを控え,これから急増する訪日外国人客にむけた多言語ランディングページの制作も検討すべきでしょう。

多言語として中国語簡体字・繁体字・英語・韓国語の4言語であれば訪日外国人の大多数の割合をカバーできると言われています。

いずれにしろ,リスティング広告や自然検索からアクセスした見込み客をコンバージョンさせる為には,ランディングページを最適化することが大切です。

中国語LPの制作は!

中国特有のネット事情を理解し,中国人ユーザー向けの中国語LP制作の
実績がある制作会社を選択しましょう。

現地スタッフによるネィテイブな翻訳と表現による的確な言語対応と情報
発信を備えた広告会社がベストです。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!