世界シェア1位のMagneto(マジェント)

Magnetoは2008年に公開されて以来その高い柔軟性と拡張性から全世界でシェアを伸ばし,現在では約15万サイトが利用しているオープンソースです。

多言語対応を念頭に開発されているため,越境ECサイトの構築に必要な数々の機能を標準装備し,グローバルな運用と利用が可能です。

Magento1の特徴的な機能

拡張機能

オープンソースゆえに,世界の技術者が開発をすすめておりエクステンション
(拡張機能)と言われる追加プログラムが日々更新されています。
追加プログラムによって海外ECの動向調査や,新たに開発されたソースコードも参考になります。

多言語対応による海外通販

Magnetoは世界に向けた,多言語対応を重視しているシステムのため言語ページごとに専用の別ページ管理で運用できます。
さらに、自動翻訳や手動修正機能でスピーディに海外向けのECを構築する事が可能です。

Magentoを活用するメリット

海外通販を目的とする越境ECを考えている会社にはうってつけのツールです。
世界中のマーケットに参入することで今後も進化していくことが確実なプラットフォームと言えるでしょう。
世界シェアNO.1の実績が最も利用されている証です。

Magnetoを活用するデメメリット

日本語にも対応していますが,日本発のEC-CUBEと比べると管理側の機能性
や購入者側の操作性が日本のマーケットに適しているとはいえません。
日本でのEコマース運営は日本のマーケーットにあったシステムが適しているでしょう。

これらを踏まえるとMagnetoは「越境EC」の構築に一番有効な
Eコマースプラットフォームであると言えます。

日本でも,10年前から導入しているMagentoによる専門制作会社があるため
Webサイトのコンサルティングを含めた依頼がベストです!

Magento2とは

Magentoの新バージョンです。高い拡張性/スケーラビリティが特徴です!

Magento2は最新技術トレンドをベースとした前身からのバージョンアップ
版です。

新バージョンの評価として「作りこみが良い」「世界各国で更にシェアを伸ばそうとする勢いがある」という評価があります。
また,利用者が使用用途にあわせて容易にカスタマイズできることも重視しています。

主な特徴として

マルチなレスポンシブデザイン

ストア画面は標準テンプレートがレスポンシブデザインになっており,マルチデバイス対応になっています。

システムと機能

ディレクトリやファイルの構成が異なっています。
Magento2特有の新しいディレクトリが追加されています。
コードプールと設定XMLファイルが廃止されPHPファイルに変わったことで
変換する処理が省かれました。

データベースに互換性が無い

Magento1と「2」は似たようなテーブルの構成をしていますが一部のテーブルに入っているデータに違いが有るほか「2」で新設・廃止されたテーブルがあるため,そのままでは使えません。
データベースだけでなくエクステンションも互換性がありません。
ほかにも,フロントエンド開発の設計部分や・商品属性管理・ストアフロントの
改造等々の専門的な部分での機能がアップされています。

Magento2主なポイント

■全て新設計となっています

■使いやすさを重視した管理画面

■見た目がモダンなデフォルトテーマ

■モダンさを追求した独自フレームワーク

■管理者単位でのユーザーインタ―フェイスの言語設定

■各国税制に対して柔軟に対応

■モジュール化によって拡張しやすいシステム

■テーマ・機能・言語のカスタマイズ

等、他機能も充実しています。

Magentoのメンテナンス期限

Magnetoの新バージョンがアップされましたが, Magentoの各バージョンには
明確にメンテナンス期限が設けられています。

Magento1系(2.1.x)は2018年11月までのメンテナンス。
Magento2系の各バージョンは初回リリースから2年間ずつのメンテナンスの
予定になっています。

(2.2x)は2019年?月・・2年ごとで短いと思われますが適切なカスタマイズをしている限りに於いては,さほど心配しなくても良いといえるわけです。

セキュリティーパッチの必要性

ECサイトは個人情報やクレジットカードを取り扱うため,アプリケーションの安全性を維持する事が最優先されます。
現在ではMagento1系を狙ったマルウェア攻撃が流行しており公式で提供されているセキュリティーパッチを確実に適用する必要があります。

(参照元)http://knowledge.sakura.ad.jp/ knowledge/7881/

インストールする際のハードルの高さ?

「Magento2のインストールがうまくいかない?」と言う声があります。

インストールを成功させるためにはMagento2が要求するシステム構成を
確認する必要があります。

MySQLのバージョン

Magento2はMySQL5.6のみをサポートしています。
MySQL5.5以前の古いバージョンでは動作しません。

PHPのエクステンション

PHPのエクステンション・パッケージが不足しているとインストール
できない事があります。

PHPのメモリ

128MB程度ではプログラムを実行中にメモリ不足で処理停止が起きる可能性があるため,環境にもよりますが512MBは必要と思われます。

またPHPの設定が正しくされていない場合もあります。

他にも,ディレクトリ・ファイルに対する権限が適切でなかったり、
サーバーの性能が不足していたり
ファイルが全てアップロードされていないという
原因が考えられます。

(参照元)http://knowledge.sakura.ad.jp/ knowledge/7881/

どうしてもうまくいかない場合は, Magnetoに詳しい制作会社に依頼するのも
良いでしょう。

Magento2・日本語での動作状況

Magento2を日本語で動作させる場合,PHPバージョンによっては動作しないケースがあります。

動作検証結果例として,PHP7.0のパッケージで「GentOS7.x」ではMagento2
をPHP7.0上で日本語サイトとして動かすことができない」という事です。

次に,Ubuntu Linuxに対する動作検証として14.04LTSのOSバージョンを
使用した場合は特に問題なく動作しました。

この現象はPHPのIntlエクステンションとlibICUの相性によって引き起こされ,描画する為の値が取得できない環境で日本語にすると即エラーが発生する事になります。

以上の例から見た対策としては

●CentOSではなくUbuntu Linuxに乗り換える
●CentOSで独自にコンパイルしたPHPやlibICUを使う
●当座はPHP5.6を使う・・・等があります。

(参照元)http://principle-works.jp/blog/summary-of-magento-2-compatibilty-on-japanese/

Magento2は全く違うアプリケーションです。

Magento1よりも複雑で,厳格な設計がなされており
「動作作法」も問われるアプリケーションとなっています。

進化したMagento2による「越境EC」の構築はグローバルな
マーケティングを考えている会社に適しています!

安定した運用にはMagentoを扱える,専門制作会社への依頼が
ベストです!

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!