インターネットの優位性は何よりも動画メディアがある事であり、それによりの個人による動画メディアが盛況となっている。生放送に至ってはこれ以上のない盛り上がりを見せている。しかし最近総局は最近また「とっておきの手段」を行使する事を発表した。これはpapi醤のような動画プラットフォームに対して重大な影響を及ぼすだろう。
国家新聞出版広電総局HPは、微博、微信等各種交流サイトを利用し展開するインターネット視聴番組のサービスを行うネットワークプラットフォームに対して、情報ネット配信視聴番組許可証等の法規法律が規定する関連資格を取得する事を要求すると通知を行った。

微博、微信等のネットワーク交流プラットフォームはネットユーザーが個人製作した政治関連ニュースの視聴番組を配信が出来なくなる。

次に、微博、微信等各種交流サイトを利用するプラットフォームが配信する映画、テレビドラマ、関連動画は、「映画フィルム放映許可証」或いは「テレビドラマ発行許可証」を所有しなければならない。また他に微博、微信等各種交流サイトを利用するプラットフォームが配信するネットドラマ、ネット映画、ニュース番組、ドキュメンタリー、テーマ番組、バラエティ等の視聴番組の番組内容はインターネット視聴番組管理の関連規定に合致しなければならない。
これは我々がアメリカ、韓国等の海外動画を見るのに審査が必要という事だろうか?今までの経験からこのような規定は実際に施行するのには困難だと思われる。これらの事は個人メディア映像業界にどのような衝撃をもたらすのだろう?

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!