百度(Baidu /バイドゥ)の検索エンジンは関連するクエリを分析して表示されており、検索結果の上部には関連する広告が表示されています。その下から、純粋な検索結果が1ページにつき10件まで表示されます。また、右側にも広告が表示されています。日本人と違って中国人は関連広告をクリックするのにあまり抵抗がないので、広告クリックによる収益もかなりあるのが特徴です。
ここでは、百度(Baidu /バイドゥ)にまつわるSEO対策のデマについて解説していきます。

1.検索結果を百度社員が操作している

これは明らかなデマです。百度(Baidu /バイドゥ)の検索結果は冒頭でも説明したように検索窓に入力したクエリを元に関連する結果を表示しています。だからといって、百度(Baidu /バイドゥ)の社員が内部で操作していることはありません。

2.検索結果の表示ページによってクリック率が違う

うわさでは1ページ目のクリック率は、20%、2ページ目のクリック率は5%などと言われていますが、調査によると1,000未満のクエリの場合では、どのページもクリック率は同じです。

3.クリック率が上がると表示順位も上がる

一見、合っているようですが、実際には違います。百度(Baidu /バイドゥ)の検索結果の表示順位は、クリック率ではなく、クリック数によるものです。過去に検索結果のトップにきていたものが、現在は7位になっています。つまり、更新日が関係しているということです。試しにあるクエリを一日500回クリックした場合と7日間、毎日70回(490回 = 70回 * 7日)クリックしたものとを比較したところ結果は同じでした。
つまり、検索結果は過去の一定期間にどれだけクリックされたかを元に計算されており、クリック率によるものではないのです。

4.検索結果が不安定

あるユーザーによると自分のサイトが一定期間、検索結果から消えてしまったということを耳にしたことがあります。しかし、これもデマです。百度(Baidu /バイドゥ)のシステムはとても安定していて、処理能力も優秀です。去年、数多くのユーザーから中国の検索エンジンの中で一番安定した検索結果が得られると賞賛されています。

5.クリックで検索結果を誘導できる

これも明らかな嘘です。おそらくウワサの根拠は以下の通りでしょう。
1.webサイトが百度(Baidu /バイドゥ)によって監視されている(違法行為)
2.サーバーが長時間ダウンしている
もし、こんなことしたら、会社としての信用を失います。中国の検索エンジン利用率の70%を占める会社がそんなことをするはずがありません。

6.cookieを削除して多数のユーザーがいるように見せかけている

これは多くのユーザーが誤解している点です。cookieを削除してクリックを繰り返すことで多くのユーザーが利用しているように見せかけているというのです。たとえ、あなたがcookieを削除して毎回クリックしていても、百度(Baidu /バイドゥ)のサーバーが一台一台のPCを判別できるわけがありません。これも嘘です。

7.表示時間が長くないといけない

PCなど端末の視点で見ると、ページが新しく開いたときに初めて計測できるのであって、個々人のマウスがどのように動いて、どれだけ検索結果を表示しているかは計測できません。とくにスマホでは、長い時間、開きっぱなしというケースが多く、検索結果をどれだけの間、表示しているかなどは計測できません。これもデマです。

このように根拠のないデマも数多くありますが、それぞれのユーザーがしっかりとSEO対策をして検索結果の上位に自分のサイトがくることを願います。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!