中国 中国Web 中国アプリ 中国Web広告

中国ネット企業、2019年、広告収入ランキング発表、バイトダンス+PKQに注目

中国の商業調査機関「Morketing」は、「中国22大互聯網(インターネット)公司広告収入ランキング」を発表した。広告主の判断材料であり、企業の活性度を測る、重要な指標だ。

新型肺炎の防疫体制下、中国ビジネスは宅経済化により、B2C、B2Bともにオンライン依存をさらに深めた。このランキングは日本企業の広告出稿にも、大いに参考となるはずだ。

1~10位、BATが上位

(順位 / 社名 / 2018年収入 / 2019年収入 / 伸長率)(単位、億元)1元=15.65円

1位  アリババ   1384  1745  26.1%増
2位  バイドゥ   819   781  4.6%減
3位  テンセント  581   684  17.7%増
4位  京 東    335   427  27.3%増
5位  拼多多    115   268  132.4%増
6位  新 浪    120   123  2.7%増
7位  微 博    101   108  7.0%増
8位  58同城    83   102 22.7%増
9位  捜 狐    84    85   1.0%増
10位  愛奇芸    83    93  10.9%減

11位~22位、下位企業は減収に

11位  捜 狗    67    76   12.6%増
12位  趣頭条    28    54   92.3%増
13位  唯品会    30    43   41.8%増
14位  汽車之家   31    37   19.2%増
15位  迎聚時代   8.9    15   74.8%増
16位  B 站    4.6    8.2   76.7%増
17位  斗 魚    ―    5.0   2019年7月上場
18位  虎 牙    2.2    4.0   80.9%増
19位  陌 陌    5.0    3.3   33.6%減
20位  蘑菇街    4.0    3.0   25.3%減
21位  迅 雷    1.1    2.0   44.2%減

22位  網 易    25    75   
23位  バイトダンス 500~550 1500以上

網易は2019年下期から、広告とその他事業を合算したため、ランキング最下位、バイトダンスは、未上場のため推計、とある。またバイトダンスのライバル「快手」も未上場で登場していない。

アリババとバイトダンス

この推計1500億元は、アリババに次ぐ数字である。両者を比べてみよう。

2019年第4四半期、中国モバイル通販全体のMAUは、8億2400億、第3四半期に比べ、3900万増加した。地方都市で伸びている。

アリババ同四半期の営業収入は1614億5600億元、前年同期比38%伸びた。輸入、天猫超市、盒馬鮮生、銀泰などの新業態は、128%伸びている。広告収入は全体の38%を占める。地方に残る伸びしろや、新事業を有効に使った印象だ。

バイトダンスは、ニュースメディア「今日頭条」、ショート動画「抖音(海外名TikTok)」を運営、業績は絶好調である。TikTokは、世界最速ペースで成長する、収益の支えだ。広告量は増加し、広告コンテンツの作成コストは低くなり、好循環が現れている。

またバイトダンスはゲーム市場にも乗り出している。これも広告にとって優れたチャンネルになりそうだ。しかし、不安や焦りがないわけではない。TikTok以外は、成長エンジンとしていずれももの足りない。3月、創業者の張一鳴をグローバルCEOに据えるなど、人事調整を繰り返しているのはその不安からだろう。

まとめ

その他では、共同購入型ネット通販の「拼多多」、ニュースアプリ「趣頭条」が大きく広告収入を伸ばしている。これに「快手」を加えた3社を、ピンインの頭文字をとって“PKQ”と呼ぶ。

従来の巨頭BAT+バイトダンス、さらに+PKQ、中国の広告プラットフォームは、まずこの7社から考えたい。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国ビジネスラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。