中国 中国事情 中国マーケティング 中国企業 中国進出

デジタルマーケティング代理店と契約する際に考慮すべきこと

企業が幅広いマーケティングを検討する場合、中国で信頼できるデジタルマーケティング代理店との提携は必須である。

今日、世界中でインターネットは人々の生活に欠かせないものになっているので、ブランドをデジタルマーケティングし、インターネットで人々に見てもらうことは、ビジネスに多大なメリットを与える。本記事では、中国やその他諸外国でデジタルマーケティング代理店を探す企業にプラスとなる情報をお届けする。

ビジネスのニーズと基準を検討する

企業にとっては、そのビジネスが多様である様に必要なデジタルマーケティングも異なる。よって、リサーチするなり事前に問い合わせをするなりして、中国で探しているデジタルマーケティング代理店が自社のニーズに応えることができるものなのかどうかを見極める必要がある。

例えば、もし自分達のような企業との提携経験が乏しいデジタルマーケティング代理店の場合は、ブランドマーケティングに役立つその他クライエントとの提携経験があるかどうかを質問すると良い。そうでなければ、中国または外国で他の代理店を探した方が良い。

基準があるかどうかを確認する

調査中の中国のデジタルマーケティング代理店がクライアントからのアプローチを全て引き受けるような場合、対顧客の基準は低い可能性がある。
中国や外国のデジタルマーケティング代理店からビジネス提携の申し出があることはいいことのように思えるが、その代理店が誰とでも契約するような場合、サービスの質は低い可能性があるということを念頭に入れておく必要がある。きちんとした基準があり、自社と同等レベルの品質や基準を有するビジネスとしか提携しかしないデジタルマーケティング代理店の方が、例え価格は高くとも基準の低い代理店よりも正しい選択肢と言える。

信頼が必須

中国や外国でビジネス提携する場合、現地のデジタルマーケティング代理店は、提携関係が全ての関係者にメリットのあるものであるというファクトを信用する。よって、提携するデジタルマーケティング代理店を信用することが重要となる。

提携関係を結んだビジネスマーケティング代理店が、効果的なインターネットブランドマーケティングができるか信用できない場合、その代理店とは提携するべきではない。中国や外国にデジンタルマーケティング代理店は多数あるので、信頼できない代理店と提携する必要はない。一つの代理店が信用できないなら、他を探すべきである。最終的には、提携関係が全ての関係者にメリットのあるものである必要があるが、自分達に必要なものが確実に得られるようにすることが重要である。ビジネスの成功と繁栄に必要なものが得られない場合は、決着をつけるべきではない。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国ビジネスラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。