中国 越境EC 中国B2B 中国進出

従来貿易から越境Eコマースへ。今中国で越境Eコマースが注目される理由と知っておきたい基礎知識。

越境Eコマースは、新零售(OMO=Online Merges Offline)、社交電商・社区団購(共同購入)とならぶ、中国小売業のキーワードとなっている。その背景と近未来について分析してみよう。

従来貿易の限界

貿易(輸出入)は価格、数量、納期、決済方法など、契約を締結してから始まる。そして、フォワーダー、船会社、銀行、税関など専門のプレイヤーたちが、それぞれの役割を担う。日中間の貿易では、発注者の仕様どおり生産する、OEM(original equipment manufacturer)が多かった。これらは大量、高価なため、輸出入の経費率は、関税を除けば、低く抑えられる。

一方、各国ネット通販の拡大は、国境を越え、越境Eコマースの発達を促した。越境Eコマース(Cross-border Electronic Commerce)とは、自国のネット通販に加え、外国語のサイトを開設し、国外へ販売しようとする形態である。また同時に、外国商品輸入販売の拡大も意味している。

越境EC業者は、一般貿易よりも少量かつ多品種、タイムリーに貿易取引したい、と考えている。一般貿易では、そうした細かいニーズにこたえられない。つまり時代にそぐわなくなってきたのである。

越境EC奨励策を進める

中国では、国を上げてこの問題に取り組んでいる。2018年下半期以降、下記の政策打ち出した。日本でも話題となった「電商法」による代理購入の制限もその1つである。

1…対外開放推進を持続、貿易のモデルチェンジを目指し、22都市に越境EC
総合試験区を開設、既存と合わせ全国35ヶ所に。
2…1585品目の輸入関税引き下げ。
3…「電子商務法」施行。代理購入の取り締まり。
4…越境EC総合試験区、輸出貨物税収政策に関する通知。輸出企業へのルール明確化。
5…税関、越境ECプラットフォーム企業に、関税支払いデータベースを開放。
6…税関、外国向け郵便物の情報化管理に関する通知。
7…国務院、越境EC輸入商品免税範囲を拡大。
8…財政部、商務部、越境EC輸入商品に関する管理を通知。
9…財政部、免税範囲、商品項目を調整
10…税関、越境EC企業、物流企業、送金業務企業などに、登記、登録の通知。

試験区における研究内容とは

越境EC総合試験区とは、何をしているのだろうか。解説は、越境ECに関する、総合的先行試験を行うとあり、例として取引、支払い、物流、通関、税還付、外国為替等の技術標準、業務過程、管理モデル、情報化を挙げている。

第一号の杭州試験区は2015年3月に設立された。同区のサイトには、制度創新、管理創新、服務創新、自由化、便利化、規範化などの文字が躍っている。アリババの本拠地・杭州から始まったことに注意したい。

2019年の春、アリババ(金融子会社のアント・フィナンシャル)が、国際送金と外国為替ソリューションサービスの英国企業「ワールドファースト」を買収して話題となった。同社は資金移動の専門家として重宝され、中国でもすでに2万以上の越境Eコマース業者が利用していた。

杭州越境EC総合試験区にも2016年6月設立された「Ping Pong金融」がある。同社は越境Eコマースの決済サービスを、通常の2分の1以下、1%を超えない料率で行っている。取引先は25万社以上、米国、欧州、香港、日本、厦門、深圳、上海に支部を持ち、300人の従業員を抱える企業に成長した。

アリババは新しい決済、送金機能の開発に注力している。一般貿易、SWIFT海外送金体制に、国家を巻き込んで挑戦しようというのである。

Q&A

ここまでをQ&Aで再確認してみよう。

Q1.なぜ中国人は越境ECの研究に熱心?

中国人は生来の商売好きである。目の前の利益を逃さない。モノを動かすことで、価値が生まれることを熟知している。電商法で代理購入に規制がかかり、越境ECの輸入にはチャンスが多い、と誰もが考えている。

Q2.日本の越境ECとは?

日本における越境ECとは、中国へ製品を売ることとほとんど同義になっている。そのための方法を紹介することが、議論の中心だ。具体的には、中国ネット通販大手への出店、または、独自の通販サイト作り、へと導くケースが多い。言葉の意味する範囲は、中国とは大きく違う。

Q3. 日本の貿易改革は?

日本の貿易改革とは、手続き改革、WTOの改革の2つの意味にとどまっている。手続き改革の例では、ニトリが専門プレーヤーたちを退けたケースがある。「貿易改革室」を設け、自社で通関士を抱え、自前主義による効率化を目指している。

WTO改革は、各国と足並みをそろえることが必要で、議論は盛んだが、いつから動き出すかわからない。現実に即した改革を、官民巻き込んで行う、中国の越境EC総合試験区のようなプロジェクトは存在しない。

参考
https://www.ikjzd.com/a/14394.html

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国ビジネスラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。