中国 中国マーケティング

2018年第一期(1-3月)中国広告市場データレポートまとめ

2018年第一期(1-3月)の中国の広告市場は上昇傾向が見られ、トラディショナルメディアの復活は広告市場全体の成長に大きな推進力を与えました。

●テレビ、ラジオの広告利用時間はそれぞれ9.1%、3.7%伸長しました。加えて、価格の一時的な上昇により、テレビ、ラジオの刊例(=中国で公開されている広告価格表)の収入は16.5%、15.8%上昇しました。
●エレベーターディスプレイ、エレベーターポスター、映画館コマーシャルの第一期(1-3月)における刊例の収入は、それぞれ22.3%、24%、31.3%でした。成長率は前年同期より等しく拡大し、うちエレベーターポスターは19パーセンテージポイント上昇しました。
●食品飲料業界のトラディショナル広告宣伝費の投入は確実に上昇しており、食品業のうち健康食品、飲料業のうち乳幼児用粉ミルクや茶系飲料への広告宣伝費の投入は顕著でした。インターネットや携帯アプリの屋外広告への広告宣伝費投入は拡大しています。

市場全体

全メディア刊例費投入 前年同期比増幅率推移

トラディショナルメディア刊例費投入 前年同期比増幅率推移

各メディア刊例費推移

テレビ/新聞/雑誌/ラジオ/トラディショナル屋外/交通類コマーシャル/エレベーターディスプレイ/エレベーターポスター/映画館コマーシャル/インターネット

全メディア刊例費投入 上位5業界増幅率推移

通信業/薬品/食品/飲料/アルコール類飲料

テレビ広告

テレビ広告刊例費収入推移/広告時間推移

各チャンネル広告刊例費収入増幅率推移/広告時間推移

テレビ広告刊例費投入 上位5業界増幅率推移

薬品/食品/飲料/アルコール類飲料/化粧品・サニタリー用品

テレビ広告費投入 上位10ブランド増幅率

ラジオ広告

ラジオ広告刊例費収入増幅率推移/広告時間推移

ラジオ広告刊例費投入 上位5業界増幅率推移

商業・サービス業/食品/通信/交通/金融業

ラジオ広告費投入 上位10ブランド増幅率

新聞广告

新聞広告刊例費収入増幅率推移/広告面積推移

新聞広告刊例費投入 上位5業界増幅率推移

商業・サービス業/金融業/不動産・インフラ業/レジャー/通信

新聞広告費投入 上位10ブランド増幅率

雑誌広告

雑誌広告刊例費収入増幅率推移/広告面積推移

雑誌広告刊例費投入 上位5業界増幅率推移

個人用品/化粧品・サニタリー用品/交通/衣類/レジャー

雑誌広告費投入 上位10ブランド増幅率

ランコム/シャネル/クリスチャンディオール/ディオール/アルマーニ/エスティローダー/オメガ/ルイヴィトン/アディダス/グッチ

トラディショナル屋外広告

トラディショナル屋外広告刊例費収入増幅率推移/広告面積推移

トラディショナル屋外広告刊例費投入 上位5業界増幅率推移

トラディショナル屋外広告費投入 上位10ブランド増幅率

エレベーターディスプレイ広告

エレベーターディスプレイ広告刊例費収入増幅率推移

エレベーターディスプレイ刊例費投入 上位5業界増幅率推移

通信/IT製品・サービス/レジャー/飲料/化粧品・サニタリー用品

エレベーターディスプレイ広告費投入 上位10ブランド増幅率

エレベーターポスター広告

エレベーターポスター広告刊例費収入増幅率推移

エレベーターポスター刊例費投入 上位5業界増幅率推移

通信/商業・サービス業/食品/交通/IT製品・サービス

エレベーターポスター広告費投入 上位10ブランド増幅率

映画館コマーシャル広告

映画館コマーシャル広告刊例費収入増幅率推移

映画館コマーシャル刊例費投入 上位5業界増幅率推移

イベント/通信/IT製品・サービス/交通/個人用品

映画館コマーシャル広告費投入 上位10ブランド増幅率

交通系動画広告

交通系動画広告刊例費収入増幅率推移

交通系動画広告 上位5業界増幅率推移

商業・サービス業/通信/IT製品・サービス/レジャー/イベント

交通系動画広告費投入 上位10ブランド増幅率

インターネット広告

インターネット広告刊例費収入増幅率推移

インターネット広告 上位5業界増幅率推移

通信/交通/IT製品・サービス/商業・サービス業/金融業

[原文 : http://www.opp2.com/81473.html]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。