中国 中国マーケティング 中国進出

Facebook 中国における現在のマーケティング活動と今後

ご存知のように、デジタルマーケティングにおいて、中国とその他の国々との間には大きな違いがあります。中国では、世界有数のデジタル広告のプラットフォームであるFacebookを通じてのマーケティングができないため、Facebookによるマーケティングは、マーケティング戦略に加えられるものではないのです。Facebookへのアクセスは中国政府によって2009年よりブロックされており、本土からアクセスするにはVPNを使用するほか方法はありません.

8年に渡りFacebookが中国市場から締め出されている間に、中国発の競合企業が誕生し、市場を独占するまでになりました。 初期のFacebookもどきは既に過去の産物となりましたが、微信(Wechat)と微博(Weibo)が他の追随を許さないまでに成長したのです。

では、中国においてFacebookマーケティングは永久に終わったのでしょうか。必ずしもそうとは言い切れません。

VPN経由での中国人利用者

まず、VPNを使用してでもFacebookを定期的に使用する人口は一定数います。Facebookはアメリカ以外の国のFacebookユーザー数統計を公開していないので、中国のユーザー数は定かではありませんが、仮に公開されていたとしても、VPN経由のアクセスは、どこからのアクセスなのかを特定することは難しいでしょう。しかしながら、中国国外に居住する中国人の大半はFacebookユーザーと言えるでしょうし、英語が堪能な中国の都市住民においても、それは同じことでしょう。

これは、このようなユーザーをターゲットとする場合、Facebookは中国においても効果的なマーケティングツールとなりうることを意味しています。中国でFacebook上に広告を出す商品やサービスの例として挙げられるのは、駐在員を対象とした(健康保険、ビザサポートなど)サービスや、VPNサービス、外国人や中国の富裕層をターゲットとした地元開催のイベントや会場などがあります。

現在のマーケティング活動

二つ目に、Facebookは中国市場への再進出を決して諦めることなく、マーク・ザッカーバーグも積極的に広報活動をしています。彼は中国を何度も訪れており、実際に広報担当大臣やインターネット王、そして習近平主席にも会っています。また、マーク・ザッカーバーグは中国語も堪能で、中国人学生の前でスピーチと質疑応答を中国語で行い、人々を驚かせたことでも知られています。

ザッカーバーグが北京で走っている写真が公開されましたが、この日の北京の大気の状態は非常に悪く、大気汚染指数が300を越えていて、人々の嘲笑を容赦なく買うこととなりました。Faceebookのカムバックは時間の問題であるとするアナリストが多数派ですが、中国生まれの市場のリーダー企業の脅威とはならないでしょう。

中国進出を可能にするもの

実際、中国にFacebookが再進出する場合、コンテンツから広告主まで細く規制する中国のルールに沿った運用を余儀なくされるため、サービスはかなり制限されたものになるでしょう。わたしたちが今日使用するFacebookというサービスとは極めて違ったものとなることでしょう。

また、中国においてFacebookマーケティングを検討する広告主は、微信(Wechat)、微博(Weibo)、百度(Baidu)など地元のプラットフォーム企業と同様の審査プロセスを経る必要があり、国内で登録されたビジネスは海外のビジネスに比べ優遇されます。広告主はFacebook独自の規定に加えて、さらに厳格な中国の規定にも従う必要があり、その規定は緩和されるどころか、厳しさを増しています。さらに、Facebookが単独で中国市場に進出することは難しく、国内の企業とパートナーシップを結ばなければならず、恐らく競合との提携が必要になります。欧米の大企業が中国市場に進出する場合はこのような手法を取らなければならず、LinkedinやLINEなどのSNSやメッセージサービスの分野では一般的におこなわれています。

Facebookの中国市場へのカムバックを実現させ得る要素としては、さらに二点あります。一つ目に中国政府に気に入られるような検閲バージョンをリリースすること、二つ目に、マーク・ザッカーバーグが妥協する用意があることを明確にすることです。

いずれにせよ、Facebookが中国にカムバックした場合、最も効果的なマーケティングチャネルの一つとなることは確実でしょう。さらに、広告主の売上競争はますますヒートアップし、その結果、微信(Wechat)、微博(Weibo)、百度(Baidu)などの既存のチャネルにさらなるオプションと機能が追加されることになるのではないでしょうか。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。