中国 中国ミニプログラム

微信(WeChat)ミニプログラム広告の5つの利用法まとめ

ここ1ヶ月、微信(WeChat)広告に様々な新機能が次々と導入されたことで、10億人のユーザーを有する微信(WeChat)が、本格的に商業化商品の開発に取り掛かろうとしているのではないかと微信(WeChat)を利用した宣伝戦略に興味を示す方々の注目を集めています。或いは、ミニプログラム広告の微信(WeChat)内広告占有率が徐々に上がってきているとも言えます。

では、ミニプログラム広告を利用した広告戦略はどのように推進されているのでしょうか?また微信(WeChat)を利用した広告戦略は、従来の広告戦略にどのような影響をもたらしているのでしょうか?今主流のミニプログラム広告の利用方法について見ていくことで、より広告市場に関する理解を深めることができるでしょう。

モーメンツ上のミニプログラム広告

現在、微信(WeChat)の中で最も殺傷力のある広告戦略と言えば、モーメンツ上のミニプログラム広告に他なりません。モーメンツ上から直接タップしてミニプログラムを立ち上げることができるこの広告は、利用者の反応も良く、リーチ率も高いです。

オススメの利用層:
ブランド、イベントに関する広告

初期の広告効果や反応を見て、徐々にその他の業界においても利用されるでしょう。

ミニプログラム間の広告導入

ミニプログラム広告に関する紹介の中では、ミニプログラム広告を直接ミニプログラム内に導入することが可能であると言及されています。ゲーム業界などにとって、広告をタップすることで直接ミニプログラムを立ち上げることができるこの手の広告は、ユーザー獲得のための重要な入り口になること間違いないでしょう。微信(WeChat)はこの種の広告をCPC導入と呼んでいます。

ミニプログラム自体が新しい広告媒体となれば、当然類似的な業界間または商品間における相互的な広告導入、特にユーザー層が似通った商品間における広告導入には、より理想的な効果が期待できます。

公式アカウント記事内のミニプログラム広告

微信(WeChat)が展開するもう一つのミニプログラム広告の導入方法が、微信(WeChat)の公式アカウントの記事内にミニプログラム広告を差し込む方法です。この方法でも、広告をタップする事で直接ミニプログラムを立ち上げることができます。現在、すでに一部の公式アカウントがこの手の広告を導入しています。

広告主にとって、この手の広告は、絶大な展示効果をもたらすことができる同時に、画面を占領する面積も広くなるというメリットがありますが、この手の広告を載せるためには、公式アカウント側の承諾が必要になります。また、広告の内容が記事の内容と無関係であった場合などに読者の気分を害するリスクなども伴います。

オススメの利用層:
電子商取引、ブランド、イベントに関する広告

しかし、もし広告主が自ら公式アカウントを探して依頼することができれば、そのようなリスクを大幅に減少させることができます。如何にユーザーの視線を集め、タップをするまで持ち込めるかは、広告主のマーケット調査や公式アカウント側の記事の執筆能力にかかっています。

公式アカウント下部に表示されるミニプログラム広告

公式アカウントにおいて最もよく見かける広告が、画面最下部に表示される広告です。微信(WeChat)はすでにこの種類の広告もミニプログラム広告に対応させているため、やはりタップするだけでミニプログラムを立ち上げることができます。この種類の広告は現時点で、写真+文字、写真のみ、大型写真の形式に対応していますが、動画の形式にはまだ対応していません。

オススメの利用層:
電子商取引、ブランド、イベントに関する広告

公式アカウントにミニプログラムを関連させる

最後は、微信(WeChat)プラットホームが提供している広告機能です。この機能を利用すると、公式アカウントにミニプログラムを関連させることができます。規定は以下の通りです。

① 全ての公式アカウントでミニプログラム関連機能を使用することができる
② 1つの公式アカウントにつき、同じ主体のミニプログラムを最大10個まで、異なる主体のミニプログラムを最大3個まで関連させることができる。
③ 1つのミニプログラムにつき、最大500個の広告アカウントに関連させることができる。
④ 1つの公式アカウントにつき、1ヶ月最大13個の関連ミニプログラムを新規追加することができ、1つのミニプログラムにつき1ヶ月最大500個の関連公式アカウントを新規追加させることができる。

全体的に見ると、通常のミニプログラム利用の他に、公式アカウントを介するミニプログラムの利用も主流になってきています。以上が、今月新しく導入された微信(WeChat)広告機能に基づき、筆者がまとめた微信(WeChat)におけるミニプログラム広告の主な利用方法でした。

[原文 : http://www.opp2.com/77386.html]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。