中国 中国企業

「滴滴」はアリババと協力し「美団」へのプレッシャーをかける?!

阿里巴巴(アリババ)が支持するシェアサイクル哈罗单车(Hellobike)が、新たに7億ドルの融資を受けたという情報が伝わりました。

「滴滴」は青桔单车(limebike)に5億米ドル計画

関係者が36Krに伝えたところによりますと、滴滴出行(ディーディー)内部では、すでに旗下の青桔单车(limebike)に対してより多くの力を注ぎ、次いで一・二線級都市のシェアサイクル市場に対して重点的に力を入れ、年内に5億米ドルを超す資金を投入することを計画しているそうです。

今年1月、36Krが独占報道したところによりますと、滴滴出行(ディーディー)は小藍単車(bluegogo)を吸収合併したばかりか、自社内部でシェアサイクルの製品を開発しました。この部門が、後の青桔单车(limebike)になりました。今年の4月中旬までに、青桔单车(limebike)はすでに、成都・仏山・東莞・合肥・南昌・無錫などの地で、運営を開始しています。

現在、青桔单车(limebike)はデポジットなしで自転車に乗れるというサービスをしており、ユーザーは無料の自転車券を受け取ります。自転車券は一度に60枚受け取ることができ、有効期限は一か月です。先に36Krが報道したところによりますと、関係者の話では、滴滴出行(ディーディー)と、老舗の自転車製造業者である天津富士达(BATTLE)が協力し、シェアサイクルを生産し始めたということです。「初回の生産では、およそ20万輌を生産する」、ある関係者はこのように述べましたが、この発言に関して、滴滴出行(ディーディー)公式の確認は得られていません。

アリババ支持のHellobike は7億米ドルの融資

偶然にも、36Krに4/13午後、ある情報が伝わりました。すなわち、阿里巴巴(アリババ)が支持する哈罗单车(Hellobike)が新たに7億米ドルの融資を受けることになり、その主な出資者は蚂蚁金服(アント・フィナンシャルサービス)と复星国际(FOSUN)である、という情報です。これに対し、哈罗单车(Hellobike)CEO李开逐は、近々会社としてこの件に関する情報を発表すると伝えました。

先の関係者はまた36Krに対し、阿里巴巴(アリババ)と滴滴出行(ディーディー)が、シェアサイクル市場における投資の進展について、同日に明らかにしたのは偶然ではないと述べました。新たな小売・タクシーサービス事業、及びシェアサイクル事業などの複雑な戦局を考えてみれば、阿里巴巴(アリババ)と滴滴出行(ディーディー)は恐らくすでに合意しており、双方が協力して、美団(meituan.com)及び美団に買収された摩拜单车(mobike)に対する包囲網を布いたものと考えられます。

「滴滴」はシェアサイクル市場で「美団」にプレッシャー

現在、滴滴出行(ディーディー)は、タクシーサービスとデリバリーサービス市場において、美団(meituan.com)と激しい競争を繰り広げています。今年4月3日、美団(meituan.com)は摩拜单车(mobike)を買収し、両者は正式に連合を形成し、協力して滴滴出行(ディーディー)およびofoに対抗しています。しかし、摩拜单车(mobike)が買収される前日、阿里巴巴(アリババ)は美団(meituan.com)の以前からの競争相手である餓了么(ele.me)を買収したと発表しました。このとき、滴滴出行(ディーディー)がもし阿里巴巴(アリババ)と連携していたならば、より明確な形で協力し、ついには矛先を美団(meituan.com)に向けることができたに違いありません。

多くの徴候から見えてくるように、この交通事業戦争は、すでに全面的に新たな局面に入ったようです。美団(meituan.com)は、今後さらに大きな競争の圧力に直面することになるかもしれません。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。