中国 中国SNS

中国でインスタの代わりとなっているものは?中国で使える人気SNSを紹介!

世界中で爆発的人気となった画像共有アプリのインスタグラムは、多くの人が1度はアカウント登録した経験があるのではないだろうか。インスタグラムは世界中のインターネットユーザーを席巻しているプラットフォームではあるが、中国では使用できない。中国国内のシェアでは、微博(ウェイボー)のような中国製アプリに軍配が上がるわけだ。

しかし、たとえ中国にいてもインスタグラムのような写真共有やツイッターなどのミニブログを楽しむことができる。今回はそんな中国版インスタグラムや中国版ツイッターを紹介しよう。

nice(好赞)

2013年にリリースされたアプリniceは、機能的にはインスタグラムに非常に近く、種類豊富なフィルターやスタンプで写真を思いのままに編集することができる。プロのフォトグラファーになったような気分が味わえるのが特徴だ。

また、インスタグラムと同様にタグ付け機能があるので、キレイ、楽しい、おいしい、など自由にタグ付けして友達の輪を広げることができる。幅広いソーシャル機能により、投稿内容からワンタップで微博(ウェイボー)、微信(ウェイシン)、QQ空間に公開することもできるのだ。

niceは何万社ものブランドと協賛しており、タグを通じてプロモーションを行えるのが特徴だ。特に多いのがAppleやコカ・コーラなどのタグで、ナイキやユニクロなども niceの強い伝播力を利用してプロモーションを行っている。

niceには有名ブランドだけでなく、数多くの有名人も参加しており、陈伟霆、李晨、王珞丹などの大物スターもniceアカウントを所有している。
(出典:https://baike.baidu.com/item/nice/15087301?fr=aladdin)

LOFTER(乐乎)

LOFTERは、2011年網易(Net Ease)によってリリースされたブログソフトだ。LOFTERの名前はLOFTから派生しており、高く、広い空間を意味している。「LOFTER」という名前は、何にも縛られず存分に創造し自己表現する人々を表しているのだ。

LOFTERの主要ユーザーは若手アーティスト、フォトグラファー、イラストレーターなどの文化的クリエーターが多い。そのため、LOFTERのコミュニティは比較的バランスのとれた雰囲気になっている。

LOFTERユーザーの各々が違った趣味趣向を持っており、互いの個性を受け入れる気風なのだ。マニアックで少数派の趣味であっても、LOFTERには共鳴してくれるユーザーがいる。

また、LOFTERは比較的敷居が低く、ブログ初心者にも分かりやすい仕様になっている。写真加工のための各種のフィルター、スタンプも全て揃っており、ちょっとした加工でプロ並みのブログ画像が作成できるのだ。

さらに、LOFTERはAppStoreからさまざまなアワードを受けており、Appleと相性の良いアプリだといえる。Appleは、LOFTERを最も代表的な中国版インスタグラムのアプリと位置づけているのだ。
(出典:http://www.lofter.com/login?urschecked=true)

糖水(Tangshui)

糖水もまたフォトソーシャルアプリだが、このアプリの最大の利点は、大量の高画質画像をすばやく共有できることだ。微信(ウィチャット)のモーメンツでは、一度に9枚の写真しか選択できないが、糖水では多数の高画質画像をフルスピードでアップロードすることができる。

高品質の音楽と組み合わせて、スムーズにシェアができるのだ。複雑なレイアウトやテキストを使わず、30秒もあれば、簡単に自分だけのオリジナル作品を作成できる。

それに加えて、アプリ内でも多くのオリジナル作品、高品質のグラフィック、ブランド作品が共有されている。アプリのページデザインも非常にすっきりして美しい。特に中国の女性ユーザーに人気なのはそのためだ。
(出典:https://baike.baidu.com/item/%E7%B3%96%E6%B0%B4/20495081?fr=aladdin)

今の人気はショートムービーやライブストリーミング

3つのアプリを紹介したが、気になったものはあっただろうか?中国では、インスタグラムに類似したフォトソーシャルメディアは爆発的人気とはいえない。しかし、日々の生活を記録する方法としては中国人にとって欠かせないツールのひとつとなっているのだ。

今の中国で最も人気のソーシャルメディアは、動画視聴プラットフォームである。「抖音(Douyin.com)」や「快手(kuaishou.com)」だけでなく「斗鱼(DOUYU.COM)」、「熊猫(WWW.PANDA.TV)」のようなライブ配信のプラットフォームが次々に出現して、90年代生まれ以降の若者を中心にヒットしている。

この他にも中国にはウェイボーというツイッターに似たミニブログがあり、中国版インスタグラムともいえるプラットフォームが数多くある。これから数年でこういったアプリは更に増えるだろう。今のところ月間アクティブユーザーが10億を超えている微信が一番人気だが、これから先もっと強大なSNSが生まれるかもしれない。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。