中国 中国SNS

QQと微信(WeChat)の違い 中国人にとってアーミーナイフと包丁

現代社会において、スマートフォンは私たちの日常生活の奥深くまですでに根付いており、「低頭族」(頭を低く下げて携帯画面を見ている人たち、携帯電話依存症のこと)をどこでも目にするようになり、さらにそれは現代都市を表す光景とまでになりました。そしてスマートフォンのなかで中国人がもっともよく使うのは、おそらくQQと微信(WeChat)といったインスタントメッセンジャーアプリではないでしょうか。ヒマなときに呟いてみたり、モーメンツをスクロールしてみたりと、こうした行為は知らず知らずのうちに私たちの日常に溶け込んでいます。では、中国人はQQと微信(WeChat)を普段どのように使っているのでしょうか?

QQの進化する豊富な機能

QQは、腾讯(テンセント)のエースアプリで、究極の差別化に成功しました。非常に高いレベルでユーザーのさまざまなニーズに応えてきました。差別化について言いますと、QQスキンについて言及しないわけにはいきません。自分自身でQQインターフェイス上のスキンを設定できるだけではなく、プロフィールの画像アイコンや、ステータスメッセージのスキンを変えることもできます。人気の機能は、トークルーム背景の画面を変えられる機能、多くの種類の字体を使える機能で、いま人気沸騰中の芸能人とすべて同じデザインにできます。このほかに、よく知られている「QQ秀」でも十分に差別化された機能があり、モール内に登場するさまざまな服飾品を組み合わせることで、ユーザーにいつでも自分用のQQアバターを作れるようにしてあります。今では、「QQ秀」が話題に上ることは少なくなりましたが、この機能は多くの古いユーザーたちにとって「黒歴史」となったに違いありません。

QQ上には、さらに多くの付加価値コンテンツがあります。最近、多くのQQ会員がレベルアップして红色昵称(レッドニックネーム)になり、また高品質な音楽を楽しむためにQQ绿钻(グリーンダイヤモンド)にチャージする人もいれば、訪問した履歴を残さないための黄钻(イエローダイヤモンド)になる人もいます。色とりどりのダイヤモンドやアイコンでプロフィールを煌びやかにして、仲間たちに自慢して十分なステータスを感じられることでしょう。

さらに、いくつか従来の機能がアップデートされました。たとえば、QQ空間(Qzone)にある「呟き」は匿名で投稿することができるようになり、これにより長い間ため込んでいた多くのユーザーたちのモヤモヤも、安心して思ったことを呟いてスッキリすることができるようになりました。もう一つ例を挙げると、ファイル送信の機能もより良くなり、携帯電話とパソコンでファイルの同期ができるようになったことで、グループ内で送信されたファイル、トーク履歴データーローミングなど、サラリーマンにとっての不安要素が減りました。

そして最近のいくつかの新しい機能は、ちょうどいまの若い人たちのニーズにも合致しました。歩数計機能は一日どれだけ運動したかを計るだけでなく、運動した分だけ「紅包(ラッキーマネー)」を受け取ることができ、仲間同士で対決することもできるので、まさに「健康の新たな時代」のはじまりといっても過言ではないでしょう。そして、皆さんは、QQの口令红包(合言葉ラッキーマネー)や空间紅包(空間ラッキーマネー)といった、新しい形の红包(ラッキーマネー)をゲットしたいと思いませんか?

こうしたQQとは対照的に、微信(WeChat)ユーザーにはそうした遊び要素の多い機能はありません。しかし、多くの方が微信(WeChat)から離れられないところから見るに、微信(WeChat)にも他より勝っているところがあるに違いありません。

微信(WeChat)の安定した機能

まず、微信(WeChat)の支払機能は、QQウォレットよりも使用頻度が高いことが挙げられます。そのうえ、微信支付(WeChat Pay)にはさまざまな割引があり、ユーザー同士の送金機能もとても便利で、これが微信(WeChat)の最大の特色でしょう。

つぎに、自社メディアもかねてより微信(WeChat)上で爆発的な人気を誇っています。電車の待ち時間、待ち合わせの時間、寝る前の時間といったスキマ時間のなかで、公式アカウントのコラムを見ることは私たちの習慣となりました。そしてジャーナリストにとって言えば、公式アカウントのハードルは低く、広告主に頼ること以外に、公式アカウントには報酬機能があり、素晴らしいコラムにはもれなく多くの報酬が与えられ、これは多くの駆け出しのジャーナリストにとって味をしめるものとなりました。

微信(WeChat)モーメンツについては、モーメンツ内の微商(WeiShang)についても触れなければならないでしょう。淘宝(Taobao)が打ち出したのが早いですが、市場はほとんどすでに飽和状態で、新しい売り手が販売を行うのは非常に難しい状態でした。しかしながら、微商(WeiShang)はモーメンツ内でも盛んで、人と人とのコミュニティーを拠り所とした販売モデル、友人を介して宣伝を行うことで、商品販売の目的を達成し、こうした販売モデルは多くの売り手に大きな収益をもたらたしました。

最後に、微信(WeChat)の「揺一揺」(シェイク機能)と「漂流瓶」についてです。QQの周辺の人を友人として追加するのとは異なり、「揺一揺」はほとんどランダムですので、こうすることで双方ともあまり大きなプレッシャーを感じることなく、新たな友達を作ることができます。そして「漂流瓶」はQQポスト内にある「漂流瓶」の機能を受け継いだものと言えるでしょう。心のなかにあることや内緒話を見知らぬ人に告白し、ご縁のある方が垣間見ることができる、とても素晴らしい機能です。

QQは“アーミーナイフ” 微信(WeChat)は“包丁”

多くの人が、QQと微信(WeChat)両方の恩恵を受けていると思います。普段は呟いたり、モーメンツにアクセスしたり、QQグループチャットで紅包(ラッキーマネー)をゲットすることもあれば、微信(WeChat)でもゲットしたこともあるでしょう。QQは、“スイス・アーミーナイフ”のようで、多くの機能を普段使うことはありませんが、ユーザーが求めるのであれば応えてくれるでしょう。そして、微信(WeChat)は、“家庭で使う包丁”のように、食べ物しか切れませんが、包丁の本来の役割は野菜を切るためにあるのですから、それだけで十分です。そう思いませんか?

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。