中国 中国SNS

微信(WeChat)とQQ?今の若者がよく使うのはどっち?

ご存知のように、QQと微信(WeChat)はどちらも腾讯(Tencent/テンセント)傘下のインスタントメッセンジャーソフトです。

QQと微信(WeChat)

QQは、腾讯(テンセント)が1999年2月に自社開発したインスタントメッセンジャーツールで、始めのうちは1996年に開発されたICQを模倣し、名前をOICG、意味は「opening I seek you」としていました。80年代生まれの若者はまだこのOICQという名前の印象があるのではないでしょうか。しかし、その後権利侵害を指摘され、腾讯(テンセント)社長は名前をQQに改めました。これがまさしく現在私たちがよく知っているあのQQです。微信(WeChat)と比べるとずっと前からありました。

微信(WeChat)は、腾讯(テンセント)から2011年1月21日、スマート端末向けにインスタントメッセージサービスを提供するソフトとしてリリースされ、腾讯(テンセント)に依存し、瞬く間に人気となりました。2016年第二期(4~6月)までに、微信(WeChat)は中国の94%以上のスマート端末をカバーし、月のアクティブユーザーが8.06億人に達しました。「小米(xiaomi)」が2010年12月10日にリリースした「MiTalk(米聊)」と比較すると、両者の機能はよく似ているのですが、今なお誰もMiTalkに手を出そうとはしません。微信(WeChat)は自身の強みと腾讯(テンセント)のサポートにより、腾讯(テンセント)にスマートフォン上での美しい勝利をさせていると言ってもよいでしょう。

若者に人気なのはどっち?

ある疑問が沸いてきます。腾讯(テンセント)にとっては、両手に花となっていますが、果たして微信(WeChat)とQQはどちらがより若者に支持されているのでしょうか。

データを見てみましょう。データによると、2015年までのQQユーザーの内、90年代生まれが39%を占めて第1位、80年代生まれが32.9%で第2位、2000年以降に生まれたアクティブユーザーは11.3%でした。
その他、微信(WeChat)の2017年9月までのデータによると、微信(WeChat)のひと月あたりの中高年ユーザー(55歳~70歳)は5000万人、1日に380億件のテキストメッセージ、61億件の音声メッセージのやり取りがあり、この2つの数字を去年と比較すると、それぞれ25%、26%上昇しています。1日の通話回数は2億回を超えており、前年比106%増です。
これを見てわかるように、QQの低年齢化に対し、微信(WeChat)は更に中高年の歓心を得ています。

これはどうしてでしょうか?
もともとQQと微信(WeChat)は本来、成長戦略において、大きく隔たりがありました。

QQはマキシマリズム

QQが追求するのは、マキシマリズムです。
こうして1つのシリーズとしてQQは商品価値を高めていきました。例えば、QQ空間、QQ会員、QQペット、QQゲームなどは、QQ番号と連動した巨大なシステムとなっています。

若年層に対しては、多くの学生がみなQQ空間のチャットに熱中しており、これが大きなユーザー定着をもたらしています。一方、教師もQQグループの中で宿題を出す機能を利用することができ、学生とのコミュニケーションを増強できます。また、社会人であればなおさら、QQのファイル転送やリモートサポート等の機能は手放せません。
その上、微信(WeChat)の一部機能は、ほとんど同じものがQQ中に存在します。ひいては、微信(WeChat)よりも使いやすく、若者たちも更にQQを使うことに慣れていきました。

微信(WeChat)はミニマリズム

微信(WeChat)が追求するのは、ミニマリズムです。
そんなに多くのバラエティに富んだ機能を必要とせず、最も基本であるコミュニケーション機能とプライベートを保証されればよいとしています。これは、中高年が微信(WeChat)を使用する傾向が強いことにつながっています。
まず、QQの利用には、QQ番号の登録が必要となり、またQQでは多くの複雑な機能を勉強しないといけないので、中高年にとって負担となります。

では、微信(WeChat)はどうでしょうか?スマートフォンとWi-Fiさえあれば、通信料がかかるショートメールや電話、簡素化されたインターフェイスに取って変わることができ、便利に使用することができます。このような設計は、中高年のニーズと非常にマッチしています。

次に、微信(WeChat)のもう一つの特徴は、オフィシャルアカウントや微信(WeChat)モーメンツ中の文章です。これらの文章のモチーフは中高年の支持を受けており、若者のクリエイティブで自然な思考では、洗脳的な文章は支持されません。
こうして多くの若者が微信(WeChat)を利用する理由は単に連絡ツールとして便利だからであり、両者を比べると、彼らはやはりQQの方に流れていきます。

つまり、QQと微信(WeChat)とでは自身のターゲット層は異なっており、若者はより時間と労力を割いてQQの各種機能を探索したいと思っており、中高年はより操作が簡単な微信(WeChat)を必要とし、彼らのコミュニケーションの需要を満たしてくれることを望んでいます。しかし、中には“仏系男子”のように微信(WeChat)のみを使って連絡したり、QQゲームをダウンロードしているおばさんたちもいると思います。

いずれにせよ、両者はすべて腾讯(テンセント)のソフトです。私たちは自身の要求を満たすことができればそれでよく、これらのラベルに縛られる必要はありません。結局のところ、すべてのアカウントナンバーの裏側は、人と人とのコミュニケーションなのです。

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。