中国 中国決済

アリババの信用スコアサービス「芝麻信用」

住宅ローンなど金融機関から融資を受ける際には借手とその保証人などの支払能力や担保価値などを調査する信用調査があります。それを行う専門の会社もありますが、日頃私たちはその様な事をあまり意識しておりませんし、自分の信用度など考えもしません。しかしキャッシュレス化が進む中国においてはそれを意識しておかなければなりません、いや、意識せざるをえないのです。それは、社会信用度を可視化して提供するサービス「芝麻信用(セサミ・クレジット)」の存在です。

「芝麻信用(セサミ・クレジット)」とは

あなたは社会生活の中でどの程度の社会信用度が有るのかを考えたことが有るでしょうか。冒頭で述べたようにローンを組んだりする時くらいしか、それも「考える」のではなく「考えさせられる」程度ではないでしょうか。

しかし、キャッシュレス化が進んでオンライン決済が主流となっている中国では、常に自分の社会信用度がチェックされており、その情報をアピールすることも可能なのです。そのひとつが決済プラットフォームAlipay(支付宝)と連動する「芝麻信用(セサミ・クレジット)」(ジーマーシンヨンと読みます)で、これは中国人民銀行が認めるアリババ傘下の第三者信用調査機関が提供している個人・企業の社会信用度を表すスコアなのです。

これは2015年にAlipay(支付宝)の付帯的な機能として導入されたもので、個人に関しては「Alipayでの支払い履歴」をはじめ「学歴・職歴」「資産保有状況」「交遊関係」など様々な情報によって採点され、本人自らが提供するデータや、個人情報の収集や利用などを承諾する手続きの際にオプトインした情報なども含まれ、個人の様々な行動データに基づいた信用度を数値化した「信用スコア」を採点しているのです。

Alipay(支付宝)のサービスを申し込むと、自分の「信用スコア」を簡単にチェックすることができます。「信用スコア」は350~950点で表されて、そのスコアの公開機能もあり、第三者に自分の信用度をアピールできるような仕組みもあって、ある意味では便利な機能でもあるのです。

ちなみに、「芝麻信用」の芝麻(ジーマー)とはゴマ(英語でセサミ)のことですが、どのような関係が有るのか調べてみたのですが、説明されているものはありませんでした。強いて挙げれば、物語「アリババと40人の盗賊」で主人公のアリババが唱える「開けゴマ」は中国語で「芝麻開門」と言うことから「アリババ」と「芝麻」がつながり、その辺がヒントになりそうな気もしますが真意のほどは分かりません。

「芝麻信用」の位置づけ

クレジット大国のアメリカではクレジットスコアというサービスがあり、日本でも住宅ローン用のクレジットスコア「モゲスコア」というのがあります。これらは主に返済能力を確認する目的を持っており、「返済能力=信用力」と捉えて表現されています。しかし、「芝麻信用」はクレジットカードだけではなく、「決済履歴」や「学歴・職歴」「資産保有状況」など様々な情報から判断する点からも、アメリカや日本のクレジットスコアとは性質が異なり、返済能力ではなく「社会的な信用度」の評価なのです。

現在、アリババの「芝麻信用」の外にも、テンセントの「騰訊征信」など、信用スコアサービスを提供する会社は数社ありますが、中国政府も個人や企業の信用を点数化することを国策として推進しています。

中国国務院は2014年に「社会信用システム構築計画の概要に関する国務院通告(2014~2020年)」を発表しています。( http://www.gov.cn/zhengce/content/2014-06/27/content_8913.htm )
これは、中国では食品の安全に関わる事件や、偽物の製造販売などの非道徳的行為が止まることを知らぬため、そのような不良事例の根源を断つためにも「社会信用体系の構築」は重要な施策であるとして、2020年までに社会信用システムの構築を目指すもので、「芝麻信用」もこの綱要を契機として発足したのです。

中国人民銀行はアリババの「芝麻信用管理有限公司」、テンセントの「騰訊征信有限公司」など8社を信用評価機関に認定して、個人情報保護を前提のうえ「信用情報のシェア」を目指すとのことです。

「芝麻信用」の信用スコア採点とランク

この「信用スコア」はどのように算出されるのでしょうか。「芝麻信用」はAlipay(支付宝)での決済や振り込みなど「アリババのエコシステムに関連する取引記録」と、学歴や公共料金支払い記録など「政府が保有するオープンデータベース」の情報をもとに算出されます。ただし、政府のオープンデータベースには、契約を履行しなかった不誠実者を公開する「失信被執行人リスト」も含まれており、そのリストに載ってしまった人は「やむをえない個人の事情」があってもランクが低くなってしまいそうです。

「芝麻信用」は350~950点の範囲で「信用スコア」を算出するわけですが、この算出には「個人特性」「支払い能力」「返済履歴」「人脈」「素行」といった5つのジャンルの指数を総体的に数値化して算出するもので、この「信用スコア」のランクは、「信用極好700~950」、「信用優秀650~699」、「信用良好600~649」、「信用中等550~599」、「信用較差350~549」と5段階に分類されています。また、総合スコアだけではなく、信用に関する5つのジャンルでどのような評価を受けているのかも表示されます。

また、スコア偽装の可能性については、大量のファクターをAIが処理しており、ユーザーが幾つかの偽装操作をしてもスコアを上げることはできず、それをすれば逆にAIが異常を感知して逆にスコアが下がる可能性もあるとのことです。

「芝麻信用」の利点

では、ユーザーにとって「芝麻信用」はどのような利点が有るのでしょうか。「ある意味では便利な機能でもある」と前述しましたが、ユーザーは「信用スコア」に応じて様々な特典を得られます。「信用スコア」のレベルが高い人は生活上で様々なメリットがあり、たとえばデポジットが不要になることです。

中国ではデポジットが必要な各種サービスが多いので、デポジットを払う手間が省けるメリットは大きく、またAlipay(支付宝)のアントフィナンシャルが提供する金融商品では金利優遇サービスを受けられる特典があるとか、他にも、シンガポールなど一部の国のビザ取得申請が簡略化されたり、空港で出国手続きの際に専用レーンを利用できるなど、公的な機関にも広がりを見せていて道徳的な人は得するのです。

すなわち「道徳的な人間ほどお得なサービスが受けられる」というのが利点でしょうか(これだけではありません)。この「信用スコア」は、信頼を数値という形に可視化したことで、初対面の人にも信頼してもらうこともできますし、道徳的な人にはインセンティブを与えるシステムともいえるのではないでしょうか。

「芝麻信用」には企業版もある

「芝麻信用」には企業版もあり、「企業資質」「経営行為」「履約能力」「関連関係」「信用歴史」の5項目によって採点され、企業の信用スコアは公開されているといいます。企業にとって信用は命運にかかわる事ですから、信用の可視化と公開は非常に重要なことです。これにより企業は自社の信用度を知ることができるのですから、スコアの低い企業は改善を余儀なくされる訳で、優良企業が育つための起爆剤になるのではないでしょうか。

「信用スコア」のための情報収集にあたっては法律を遵守し、ユーザーの同意を得て必要なデータのみを収集しているとのことですが、「プライバシー保護」や「情報の安全」にもかかわることであり、リスクマネジメントの徹底も求められます。はたしてこのような「信用スコア」のシステムは日本にも上陸するのでしょうか、動向が気になるところです。

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。