中国 中国企業

アントフィナンシャル新規上場の行方は?50億米ドル調達

彭博 (Bloomberg)が関係者からの情報を引用して、「アリババグループのアント・フィナンシャルの金融消費者ローンが既に6,000億元(約950億米ドル)に達した」と述べました。

2017年から現在まで、中国政府は絶えず規制を強化してきましたが、アント・フィナンシャルは自社の2つの消費者金融会社「花呗(Ant check later)」と「借呗」を通じて、金融消費者ローンの規模が2倍になりました。

関係者の話では、「花呗(Ant check later)」における月平均一人当たりの借入額は700元で、「借呗」では月平均一人当たりの借入額は3000元です。                     彭博(Bloomberg)の提示したデータが示しているように、現在アント・フィナンシャルの消費者への貸付金額は既に中国建設銀行(中国で2番目に大きい銀行)の3.7倍近くになっています。

通常であれば、金融会社はABS(資産担保証券)を発行して資金を調達し、消費者向けに貸付を行います。しかしここ2年、中国当局はインターネット金融会社のABS発行規模に対する規制を絶えず厳格にしています。

彭博(Bloomberg)のデータによると、アント・フィナンシャルの今年(現在まで)のABSによる収入は107億元、さらに昨年第一期(1~3月)は今年の3倍、2017年全体のアント・フィナンシャルABS総売上は2,440億元でした。

関係者によると、過去3ヶ月、規制当局はショッピングローン以外を担保とするABS業務を停止させ、1兆元にも上るネット上の小規模現金融資市場に狙いを付けました。
「花呗(Ant check later)」ABSは以前、1ヶ月以上の一時停止後、再開したことがありましたが、「借呗」ABS発行についてはいまなお一時停止しており、アント・フィナンシャルは一部のユーザーの「借呗」サービスを閉鎖、停止しました。

現在のアント・フィナンシャルの大規模な消費者ローンを考慮すると、さらに厳格な規制措置に直面し、今後、貸借対照表上の現金を使用しローンを提供するか、直接ローンの規模を減少させることも考えられ、その結果アント・フィナンシャルの全体的な成長速度に影響を与えるかもしれません。加えて、アント・ファイナンシャルサービスローン事業が減速すると、アリババグループ子会社の電子商取引プラットフォームに対する消費者支出に影響を与えるかもしれません。

2011年アリババグループの分析によると、アント・フィナンシャルの評価額は600億米ドルを既に超えています。最新の情報では、アント・フィナンシャルは現在IPO前の資金調達をしており、新規上場に伴って最高50億米ドルを調達、評価額は800-1000億米ドル前後を計画しています。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。