中国 中国企業

BiliBiliは米国でIPO申請 4億米ドルの融資

哔哩哔哩(BiliBili)は収入の8割超をゲーム事業から得ています。

哔哩哔哩(BiliBili)は資金調達し、ユーザーのプレミアムコンテンツに対する需要を引き続き満たす

36Krの情報によると、米国時間3月2日、哔哩哔哩(BiliBili)(以下略B)は米国の証券取引委員会(SEC)に対しIPO申請、株券取引コード“BILI”、アンダーライターはMorgan Stanley、Bank of America Merrill Lynch 、JPMorgan Chase & Coで4億米ドルの融資を受ける予定です。目論見書には価格帯と株券発行部数はまだ開示されていません。

「Bは中国の若者が高度に集約されたコンテンツコミュニテイで、中国の若者の文化的な生活を豊かにすることを使命としています」。目論見書では、今回調達した資金をユーザーのプレミアムコンテンツに対する需要を満たすため、またユーザーに引き続きより良い体験をしてもらうことに使用するとしています。

目論見書は、同社は2017年の売上高が24.68億元になり、2016年同期に比べ372%増加したと公表しています。2016年の前年増加率は299%。2017年第四期(10~12月)締切時点で、月間アクティブユーザー数は2016年第一期(1~3月)の2.5倍にあたる7180万人、ユーザーの一日使用平均時間は76.3分、正式会員12か月の保留率は79%を超えています。

Bは現在まだ黒字を実現させたことがありません。non-GAAP(非米国会計基準)によると2017年の純損失は1.01億元になります。
ゲームはBの業務の中で一番大きな収入比率を占めており、2017年の総収入の83.4%を占めています。ライブ配信と広告ビジネスは遅く始めたため、総収入に占める割合はそれぞれ7.1%と6.5%となっています。

Bは2009年に設立され、最初の主なユーザーはアニメーション制作者と一部の“熱狂的”アニメ愛好者でした。現在Bはすでに動画、ゲーム、生放送、コミュニテイ等サービスの総合的コンテンツのプラットフォームを展開しており、そのユーザーの81.7%は、1990~2009年生まれの若者で、“目論見書”の中では、中国の“Generation Z”(Z世代)と呼ばれています。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。