中国 中国SNS 中国企業

微信(WeChat)はToutiao(今日头条)の共有リンク等を禁止

2018年2月11日から微信(WeChat)は微信(WeChat)モーメンツ内での違反行為が広がっていくのを制限しています。
3月2日にネット上で、Toutiao(今日头条)のプラットフォームの共有リンクが微信(WeChat)の微信(WeChat)モーメンツに届いた後、その情報を見ることができなかったという情報が明らかにされました。(下の図を参照)このような状況に対して、微信(WeChat)の疑わしい微信(WeChat)モーメンツはToutiao(今日头条)の内容をブロックしました。

このことについて微信(WeChat)は36Krに対し:
微信(WeChat)は疑わしい共有リンクを明確に禁止しました。
これらのリンクを使ったドメインは、最近《微信(WeChat)プラットフオーム運営規則》と《微信(WeChat)外部リンク連携に関する管理規則》に違反し、微信(WeChat)モーメンツや、グループチャット等の機能によるユーザーに重大な影響を及ぼしたため、2018年2月11日より、微信(WeChat)は違反しているオンライン上の活動に対し、微信(WeChat)モーメンツ内で制限を課しました。

もし現在違反リンクがすでに規則に沿って調整されたのなら、アクセス再開の申請ができ、公式の審査を通した後、また使用することができます。微信 (WeChat)モーメンツにリンク共有が表示される問題のみ、メールの形式で報告することができます。
ここ数年、BAT【百度(Baidu)・阿里巴巴(Alibaba)・腾讯(Tencent)】から軽視されて来たToutiao(今日头条)が急速に台頭してきたため、大手のBATから、狙い撃ちされるようになりました。例えば百度(Baidu)グループの手百、腾讯(Tencent)の天天快报等はToutiao(今日头条)に対抗するものです。

今までToutiao(今日头条)は百度(Baidu)と広報活動で激しく戦ってきましたが、今回、腾讯(Tencent)との間に摩擦を発生させました。このことが意味するのは、BATと資本関係がないToutiao(今日头条)は大手BATと更に激しい戦いを続けるということです。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。