インバウンド

FacebookのユーザーはInstagramではなく、ライバルのSnapchatに流れる

今年Facebookはアメリカ市場で20歳以下のユーザー約200万人を失うが、ライバルのSnapchatのユーザーは190万人増加

今までFacebookとその傘下にあるInstagramは、Snapchatと同じ市場に存在し、Snapchatから多くのユーザーを奪い取っていました。それ以前にもInstagramはSnapchatとスポンサーを取り合う発言をしていました。

しかし最近の調査データによると、Facebookのユーザーは、ライバルのSnapchatに流れていることを示しています。最近の市場研究機関eMarketerによると最新のデータは2018年米国のFacebookのユーザーは1億6950万人、Instagramのユーザーは1億470万人、Snapchatのユーザーは8,650万人に達していることを示しています。

またこの機関は、今年Facebookは米国市場で25歳以下のユーザー200万人を失い、一方ライバルのSnapchatはユーザーを190万人増加させると予測しています。具体的な年齢別には、12歳以下のユーザーは9%、12歳から17歳のユーザーは6%、18歳から24歳のユーザーは6%それぞれ減少すると見ています。

Facebookはイギリスでも同じような状況となっています。eMarketerのデータによると、12歳から17歳の年齢層の71%がFacebookを使用しており、1年前に比べると増加幅が38%減少しています。それに比べてSnapchatのユーザーの増加幅は43%となっており、3年前の二倍強にあたります。

これに対し、eMarketerの首席アナリストのDebra Aho Willianson氏はプレスリリースの中で、“Snapchatは最終的にもっと高い年齢層の人気を得て、ユーザー数をもっと増やして行き、また新たにプラットフォームを設計した後に、ユーザー数は速いスピードで増加していくでしょう。

当面の問題は、若い世代が自分の父母や祖父母がSnapchatを使用しているのを見て、Snapchatから離れていかないかということです。これはFacebookも直面している大きな問題です。”と語っています。

11月初めにスナップチャトはユーザーの使用体験を高めるために、新しい設定を採用しました。例えば社交機能と媒体機能を分離して、ユーザーが友人とよりよい連携ができるようにして、自社のビデオの内容等を拡大しました。これによりCNBCはそれぞれの新機能を詳細に報道しました。しかしユーザーの反応はあまり良いものではなく、多くの人は元のバージョンに戻ることを希望するための手続きをしています。

Snapchatが市場に出てきた時には、そのインパクトは強く、更にその機能は若者たちに大変歓迎されました。Snapchatのシェアー拡大を止めるために、Facebookと傘下にあるInstagramはSnapchatの“まね”を展開しました。その成果は表れています。Snapchatもその業績報告の中で、ユーザーの増加はFacebookのマトリックスの影響で緩やかになっていると指摘しています。しかも今回Facebookは新たな攻勢、例えば子供向け新版Messengerの販売を進める予定です。

eMarketerのアナリストBill Fisherによると、Facebookは米国とイギリスではそのユーザー数はSnapchatとInstagramとTwitterを大きく上回っていますが、若年層のユーザーの流出は、“若年層問題”がすでに理論上の問題に留まらないことを表していると見ています。また更に彼は、「Snapchatの影響を受けている若年層のユーザーが日増しに増加しています。Snapchatにとって、現在の挑戦すべき課題は、いかに多くの若年層ユーザーを取り込むかにあります。」と述べています。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。