越境EC

中国越境ECの市場動向

中国越境ECにおいては様々な規制が施行されながらもEC市場は拡大しております。EC関連情報を集めてみると、それぞれ出どころによってデータが結構異なっております。そこで、中国の「中国電子商取引研究センター」が昨年8月1日に発表した報告データをもとに纏めてみました。

データ出典元:中国电子商务研究中心(中国電子商取引研究センター) http://www.100ec.cn/
タイトル:「2016-2017年度中国跨境进口电商发展报告」(2016-2017中国越境EC開発報告)

中国越境ECプラットフォームの設立時期

中国電子商取引研究センターの「モニタリングデータ」によると、2009年に「洋码头」が設立され、2011年に「蜜芽」が、2013年に「小紅書」が設立されました。そして、2014年に越境ECの合法化と課税政策が行われ、 2014年から2015年までの期間は、越境ECプラットフォーム設立の全盛期となり、「天猫国際」「網易考拉海購」「唯品国際」「京東全球購」「宝贝格子」やその他のプラットフォームは、この2年以内に設立されました。

中国越境EC市場シェア

2016年の越境EC取引額は1兆2,000億元(約20兆円)に達し、2017年は33.3%増の1兆8,543億元(約31兆円)に達すると予測されました。

2016年~2017年の、越境ECプラットフォーム別シェアランキングTOP3は1位が“網易考拉海購(Kaola.com)”で全体の21.4%のシェアを占め、2位が“天猫国際(Tmall Global)”で17.7%、3位は“唯品国際(Vip.com)”16.1%で以下、“京東全球購(JD.com)”が15.2%、“聚美優品(jumei.com)” 13.6%と、この5社で全体の84%を占めています。

4位の“京東全球購”は、商品の知名度に関わらず出店を受け入れており、越境ECのテストマーケティングに向いているプラットフォームです。すなわち、中国越境ECに実績のないブランドはまず“京東商城”に出店してみるのが良いかもしれません。

中国越境ECユーザー分析

中国越境ECユーザー数


2016年の中国越境ECユーザーは4,200万人で、前年比82.6パーセントの増加で、 2017年にはユーザー数が5,900万人に達すると推測されました。このようにユーザー数は増加の一途を辿り、まだまだ期待が持てそうです。

中国越境ECユーザー分布


地域別にみると、広東、上海、北京と続き、やはり経済発展の著しい東部地域に集中しています。

年齢別にみると、26~35歳のユーザーが全体の69%を占めており、続いて19~25歳が15.1%と、36~45歳の13%を合わせると19~45歳で97.1%であり、18歳以下が1.3%、46歳以上が1.6%となっています。出品商品の品揃えは26~35歳の比較的若い世代をターゲットにするのが良いかもしれません。

男女比では、6:4と意外に男性ユーザー数が女性ユーザー数を上回っていますが、2016年以降は女性の比率が急激に増加しており、まだまだ伸び代がありそうです。

中国越境EC人気商品


男性は、電化製品やスポーツ用品などは越境EC商品を買う傾向にあり、女性は、アパレル、化粧品、マタニティ商品を越境ECで多く購入しています。

以上の情報は昨年の夏時点での報告データですので、現時点とは若干の差は生まれているものと思われますが、動向を把握するには充分ではないかと思います。中国越境ECに携わる方々の参考になれば幸いです。(ちなみに、これ以降の報告はまだありません)

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。