インバウンド

中国メディアの「もうすぐ春節、日本に行くならわきまえてほしい8つのこと」

中国ではもうすぐ「春節」を迎えます(今年は2月15日から7連休)。春節の連休には海外旅行をする人も多く、春節を前にしてある中国メディアが「日本に行くのであれば、わきまえて行った方がいい8つのこと」を伝えました。

中国人の理解度は今ひとつ

春節を目前にひかえて、ある中国メディアは「こんなことも知らないで、日本を旅行しようと思っているのか? 笑われないように気をつけろ」とする記事を掲載しました。記事は、「もうすぐ春節がやってくる。きっとまた多くの人が日本への旅に出かけることだろう。では、日本旅行に出かける前に留意しておかなければいけないことって、なんだろうか」として、日本でタブーとされている行為を8つ紹介しています。

その内容をみると、8つの項目は良いのですが、その説明が今一つピントがずれている気がします。メディアと云えども中国人の理解度はあと一歩というところなのでしょうか。

日本でタブーとされている8つの行為

8つの項目とその説明をあげて説明の下にコメントを添えてみました。

飲食店に飲み物を持ち込んではいけない 日本の飲食店業者にとっては、これはとても失礼に感じる行為なのだ。
失礼に感じるというより、基本的には持ち込みお断りなのだが
クシーのドアを自分で開けない 乗るときも降りるときも、自分でドアを開閉しないように。ドアの開け閉めもタクシードライバーの重要な仕事の1つなのである。
確かにそうなのだが、安全のためです
舞妓さんや芸妓さんを無許可でむやみに撮影しない 仕事場へと向かう舞妓さんや芸妓さんを無理やり引き止めて記念撮影しようとすれば、彼女たちは仕事を失ってしまうかもしれない。そして、和服は日本人にとっては神聖なものであり、むやみに触ったりしないこと。記念撮影したいなら、その旨を伝えるように。
ちょっと大袈裟ですね
横に並んで歩かない 日本の通りの多くは狭い一方で、通行人の量は多い。譲り合いの心が大切であり、出来る限り横並びで歩かないようにすること。
どのような場所を比較したのでしょうか、しかし良い心掛けで日本人にも言いたいですね
帽子やサングラスを着用したまま神社に入らない 日本の神社は現地住民にとっては非常に崇高な場所。帽子やサングラスを身につけたまま入れば、極めて非礼な行為とみなされる。
神社仏閣の部類はどこの国でも同じではないのか?
ゴミをポイ捨てしない ポイ捨て行為が見つかれば、3万円の罰金を科される可能性がある。お金持ちであっても注意すること
罰金云々の問題ではありません、モラルの問題です
靴やスリッパを履いたまま畳に上がらない 日本では畳のある場所には必ず靴を脱ぐ場所がある。くれぐれも靴のまま中に入らないこと。スリッパも例外ではない。
畳に限ったことではありません
温泉に浸かる時には、大声で騒がない 浴室に入る前に靴を脱ぐこと。そして、最初に必ず体にお湯を掛けてから温泉に浸かること。そして、温泉内ではタオルや石鹸を使ってはいけない。
体を洗って、石鹸のアワは綺麗に洗い流してから湯に浸かるの間違いでは?

 

以上、中国メディアから気になったことを取り上げましたが、このように訪日中国人観光客のマナーについて中国メディアが率先して注意を促していることに対して、日本政府(観光庁)も中国メディアを称える声明を出して
も良いのではないでしょうか。(筆者の個人的意見です)

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。

China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。