中国 中国事情

ウェイボーは生放送クイズの混戦市場に参戦し、パートナーの一直播は一日で400万元を放出しました。

本日一日(1月22日)で微博は5つの「生放送クイズ」を実施し、その賞金は400万元に達しました(実施時間は12:30、13:30、20:00、23:00等まちまちでした。)

「生放送クイズ」の爆発的な人気が出た半月少し後に、ソーシャルネットワークサービスの巨人 微博(ウェイボー)がこの混戦市場に参入してきました。

36氪(36kr.com)の入手した情報によりますと、1月22日、一直播の生放送クイズプログラム《黄金十秒》は全面的に微博にインサートし、微博をエントランスとする唯一の生放送クイズプログラムになりました。微博がプラットフオーム内で明星、网红及大V等の中心となる部分を提供して、《黄金十秒》の実施をサポートしました。

1月22日からユーザーは毎日指定された時間に微博に登録して、《黄金十秒》に直接参加することができ、現金と賞金を合わせて得ることができます。または終日《黄金十秒》は5つのイベントを12:30、13:30、20:00、20:30から23:00までまちまちの時間に実施して、その賞金合計は400万元になります。その内ユーザーは夜の8時に開催される特別な「生放送クイズ」に直接微博に登録して、参加することができます。

また、ユーザーは親しい友人を招き入れてその友人がダウンロードすることにより回答できる復活カードを得ることができます。関係者の情報によると、《黄金十秒》は定められた漢字の番号にネット上でアクセスすることができ、元のデータが再び表示されます。また他の直播问答の親しい友人を招き入れるのと同様に、当日20:00に微博の常設会場においてまた、20:30に体育専門の活動の中から出題されます。微博のスター、ネットアイドルも《黄金十秒》と同じ会場に設置されています。

ユ-ザー獲得のためのコストが上昇し、ユーザーの増加が減速し始め、そのシステムが行き詰った時に、クイズプログラムは生放送アプリに希望の光を見出しました。极光の最新の調査データによると冲顶大会と芝士超人へのアクセス数は増加を続けています。1月14日までで冲顶大会へのアクセス数は564.51万、芝士超人へのアクセス数は209.56万となっています。


冲顶大会のデイリーアクティブユーザーの数は381.29万に達し、芝士超人は174.31万になりました。

1月14日までで芝士超人のデイリーユーザー増加数は29.82万で、冲顶大会の増加数27.4万を上回りました。

头条旗の傘下の西瓜视频は12月25日に《百万英雄》のコーナーの後に、デイリーアクティブユーザーが増え始めました。今年の1月14日時点で、西瓜视频のデイリーアクティブユーザーは1907万に達しました。

マネタイズモデルとしては、ブランドロゴやCMは既にそれぞれの生放送クイズプログラムに多く挿入され、クイズの中に挿入されるものもあり、以前、映客の《芝士超人》では1億元のCM広告が掲載されました。
2018年のインターネット生放送アプリの平均的な順位によると、斗鱼、YY、虎牙、熊猫、映客、花椒等はTOP10に入っていますが、一直播はTOP入りしていません。
しかし微博でマンスリーアクティブユーザーは3.81億に達しています。

微博の責任者によると、微博プラットフオームは大規模な人的フローとユーザー規模を持っており、生放送クイズ市場に参入して、《黄金十秒》に大量のフローを供給できました。生放送クイズの発展に伴って、資本、ユーザー規模、影響力がより大きく、インタラクティブでフォロワー効果のより強いプラットフオームにより多くのチャンスが流れ込んでいます。今まさに、微博はソーシャルプラットフオームの影響力を全面的に活用して、膨大なフロー量を使いながら市場で収益を上げようとしているところです。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。