中国 中国事情

インフォグラフィック:中国eコマース事情

中国の電子商取引に関する最新のインフォグラフィックは、現在急速に成長している中国経済の現状と成長可能性に関する重要な事実を私たちに教えてくれます。中国の世界的な電子商取引の売上高シェアは、2015年末にはすでに40%に達しており、2017年には1ドルに到達する見込みです。

Alibabaはなお、中国の電子商取引マーケットをC2C向け淘宝網とB2C向けTmallによって独占しています。B2C分野でのもう一つの主要事業者はJD.comです。現在、この会社はマーケット全体の4分の1を占めています。

WeChat Weidianは、中国のMコマースで急速に牽引力を発揮しているもう一つの新規事業社ですが、まだ実績がなく利用可能なデータがないため、このインフォグラフィックでは紹介されていません。

中国の他のプラットフォームeコマースの現状では、市場シェアを一桁で推移しながら大幅に縮小しています。彼らはまた、より専門的なニッチ戦略に絞ってビジネスを遂行している傾向にあります。例えば、蘇寧と国美は主に家電製品や電子機器を販売し、Vancleは、 衣料品ブランドの小売業者となっています。

中国のeコマース事情

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。