中国 中国マーケティング

2018年中国モバイルマーケティング予測

2018年は、モバイル的要素が中国におけるマーケティングの大半を占める年になるかもしれません。2018年に業界そのものが劇的に進化する可能性があるため、モバイルマーケティングによる予測が大変重要です。

アジアの最も貴重な会社Tencentの中国のモバイル “スーパーアプリ”であるWeChatは、2018年に中国のモバイルマーケティングを完全に支配し、その支配力をどんどん強めていっているのです。2017年に10億人のアクティブユーザーに達したこのアプリは、エンターテインメントとショッピングアウトレットと同様に、主にソーシャルメディアチャンネルとして中国のほとんどの人が利用しています。モバイルマーケティングについては、テンセントの方向性によってその存在価値は決められ、そしてその発展を決めるのです。

私たちがこれまでに見てきたことやすでに導入されている技術革新に基づいて、2018年の中国のモバイルマーケティング予測の上位4つを以下のようにあげることができます。

モバイル広告配信のための正確な位置/場所

最も活用されていないモバイルマーケティングで可能性のある機能の1つは、ロケーションベースのターゲティングです。中国ではユーザーへのかなりの人気を誇るWeChatとそれがモバイルのみ使用されているという事実のおかげで、アプリは常にユーザーの現在の位置情報をもっているのです。したがって、ユーザーのリアルタイムの位置や場所に基づいてその配信したいターゲットに対して広告を配信することが可能なのです。このようなシナリオでは、ユーザーが特定の製品の販売拠点に近づくと、割引クーポンや店舗訪問のインセンティブなどの特別なキャンペーンなどの提供を受けることができます。

さらに、より多くのショッピングセンターやアウトレットモールや個々の店舗でも、アプリケーションやモバイル・フロア・ガイドを使用して訪問者を極めて高い精度で追いかけることできるようになりました。たとえば、中国の多くの近代的なショッピングモールでは、ユーザーがWeChatを利用してフロアガイドに接続、閲覧し、ショッピングモール全体でそのユーザーを追いかけることができるようになっています。正確な場所と時間に基づいて最も関連性の高い広告を表示することは、ビジネスにとって大きな可能性を秘めています。

現在まで、WeChatはこの可能性をフルに活用していませんでしたが、それはテンセントの実装する技術ですべて実現することができるのです。位置情報ベースにした広告は、モバイルマーケティングに新たな変化をもたらし、近い将来、Tencentがそのような技術を活用し、提供することができるのです。

 AIを利用したビッグデータ処理

オンラインでユーザーを追跡することは、マーケッターにとって膨大な量のデータを生成します。モバイルの場合、上記にあったようにロケーション情報を考慮し、追加すると、さらに有用な情報を多く作成できます。課題は、膨大な量のデータを分析し、プロセス全体を自動化することにあるのです。AIはこれらの課題に対処するために多くをコミットメントしています。大企業はAIに多額の投資をし、ここ数年で急速な発展を遂げてきました。資金的に政府から多額の支援を受けて、BaiduやTencentのような中国企業も、AIの革新の最前線に立っているのです。

モバイルデバイスによって生成される膨大な量のデータを効率的に処理できるようになると、モバイルマーケティングの機能がさらに強化されることになります。その結果、次の年にこれらの企業でAIを活用し、ビジネスを遂行できる可能性が非常に高くなるのです。

個別ユーザーのターゲティング

マーケティングの効果性は、正確なターゲティングにかかっており、市場のセグメンテーションは、そのようなターゲティングをより正確にするための手段です。各セグメントを表すペルソナを設定することにより、マーケッターは各セグメントやグループのメンバーに最も適した具体的なアプローチを設計し、アプローチすることができます。セグメントが小さくなればなるほど、事細かな定義づけをすることができます。

しかしながら、残念なことに、それはマーケティングをさらに複雑にし、多くの場合、その管理をすることがとても難しくなります。これこそ、個々のレベルまでセグメンテーションが細分化されるAIベースでのデータ処理と分析の導入によって解決される問題なのです。これにより、マーケティング担当者はセグメントではなくそれよりも細分化された個人をターゲットとしたメッセージをつくることができるのです。もしこれが可能になると、モバイルデバイスはその個人レベルのユーザーに到達することが普通にできるようになるのです。

引き続き見ていきましょう、2018年のモバイルマーケティングの予測として、さらに高度なパーソナライズマーケティングを見ることになるでしょう。

顔認識

顔認識は、2018年にマーケティング担当者が広く採用する可能性のある成熟したテクノロジーです。議論は続くでしょうが、顔認識はモバイルを利用して配信できるカスタマイズされたマーケティング手法の一つになりえるのです。他の追跡および識別方法と比べ、顔認識のメリットの利点は、ユーザーとの物理的な接触がほとんどない場合でも実施できるため、お互いに侵害的でないところにあります。良いか悪いかにかかわらず、顔の追跡はそのユーザーの同意を必要としないのです(少なくとも今はないのです)。そのため、人々はリモートで追跡され、ソーシャルメディアプロファイルと簡単に一致させることさえできるのです。

例えば、物理的な店舗へ訪問した人が、製品に興味を示していて、最終的には、購入を見送ったときに、顔認識という追跡によって、その人が誰であるかをいとも簡単に見つけ出すことが可能になり、その後、他のチャネルを通して、同様の製品を表示したり、もともとの製品をさらにディスカウントしたりして、リターゲティングすることができるのです。

規制当局や消費者団体が、プライバシーの観点から、このような方法に反対するキャンペーンを開始する可能性はとても高いですが、それでもこの技術が用いられていくだろうことに間違いはないでしょう。さらにその技術が発展すると、買い物客の表情を識別し記録をして、ブランドや製品に対するその感情を把握することさえ可能になるでしょう。これは、モバイルマーケティングの次の時代を支えるものとなるでしょう。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。