中国Webニュース

WeChatに「組織的荒らし」出没

ユーザー@小蘇さんからの情報によると、最近WeChatに「組織的荒らし」が出現し、スタンプを使って皆さんのWeChatを荒らしているようです。その目的は絶え間なく「荒らす」ことでグループを滅茶苦茶にして最後はグループと退会させることです。

いわゆるグループ荒らしとは、その実態は自動入力ソフトで(スパム自動荒らし機能)あるいは書き込みでWeChatグループ内に大量のスパムを送信し、WeChatグループが荒らされ、大量のユーザーが退会する悪質行為です。荒らす動機の大半は一般的に比較的単純で、あるひとはついカッとなってやったり、ある人は単なるいたずらのようです。
ところが、中にはプロの荒らしも混ざっています。彼らには組織や規律が存在し、プロの荒らしがオンラインサイトから15人民元でマレーシアやアメリカのWeChatアカウントを購入して自動で悪ふざけるその性質は「ネット水軍」に似ています。「雇用主」が報酬を支払って彼らに荒らし行為をさせているわけです。

プロの「荒らし」の収入規則は比較的シンプルで、一回の荒らしたで1グループに対して188人民元から時給換算となります。グループの規模の大きさはバラバラで、収入基準もそれぞれ違います。300人以上のグループの場合200人民元から始まり、ベテランになると先に半分支払われ、荒らしが成功したら残りの半分が支払われるようです。プロの荒らしは現在、その大半がWeChat内への紅包スパム(偽当選)やアダルト動画が大半なのですが、何故なのかは私もよくわかりません。

さらにお伝えすべきなのは、これらの荒らし行為のAndroidへの効果ははっきりしておらず、彼らがGIF動画を送るターゲットはiPhoneユーザーであり、どれだけのユーザーが「標的」にされているか計り知れません。
周りのお友達がこのような「プロの荒らし」に遭遇したことがあるかわからなくても、細かく議論することはできますし、お友達がこの記事を読んでこういった迷惑行為への認識が高まることを願っています。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。