中国 中国SNS

WeChatミニプログラムが1日に2回大きなストロークを送った:ミニゲームとQQブラウザの垂直検索を開く

「ミニゲームこそ、真面目に」

これは、12月28日に微信(ウェイシン)の最新iOS6.6.1版のホーム画面にあったメッセージです。微信は、このように微信ミニプログラム(微信内で使えるアプリサービス)にゲームコンテンツをリリースしたことを正式に発表しました。微信オフィシャルサイトではより具体的に、「ワンタップですぐ遊べるお手軽ミニゲーム!ダウンロード不要!微信のフレンドとシェアも!1人でも!観戦も!ミニゲームの魅力を体験しよう!」と謳われています。

実際に昨年1月9日から、微信オンラインミニプログラムの中でミニゲームは話題沸騰中のコンテンツとなっています。これは一般的なツールに比べ、ゲームコンテンツには各アプリにデフォルトで利潤モデルのコンテンツが含まれていることや、ユーザチュートリアルが早く終わるという背景があるためです。
今年初めにミニプログラムがアップされた際、微信はミニゲームを配信しないとはっきりと表明していました。しかし状況の変化に伴い、微信はゲーム内アイテムの販売に主眼を起くようになり、この販売によりオンラインゲームの配信が必然的にアップルの掲げるタブーを犯してしまうことになったのです。

ある微信社員は 「私たちはずっとアップルと共にアイテム販売について商談を進めてきており、実際に進展もあった」という旨を、近く36Kr(ブログ等のサービスを提供する会社)に伝える予定だと話しています。これも、一貫して新分野への参入に慎重であった微信がオンラインゲームを扱い始める原動力となっていたわけです。

しかし新しくアップされたゲームでは、未だに有料アイテム販売について触れられてはいません。オンラインゲーム「H5」のあるクリエイターは、「こうも先が不透明なのはアップルと微信がまだ完全には意見が一致していないということなので、ひとまずこちらで様子見をして、利潤分配についての商談がまとまったらアイテム販売を公式にしたいと考えています。」と、36Krに対して述べています。
微信オフィシャルサイトでは、配信初期はミニゲームには敷居が低くて簡単なため、ミニゲームに割り当てられるボーナス額が最も多い、と述べられています。

もちろん、微信の本来の役割はSNSであるため、ゲームの形としてはソシャゲ系をもとにしたものが微信にとって開発により有利であるといえます。これはミニプログラムにゲームがリリースされる以前から至る所に見られ、特に「王者栄躍群排行」や「群Play」といったゲームアプリとSNSがコラボした「コラボゲーム」はミニプログラムの中でも人気を博しています。

しかし未だに、新しくミニゲームを始めても朋友圏(微信内のツイッターのようなサービス)でのシェアはできないようになっています。公式側の説明では、現在ミニゲームではフレンド間でのゲームページやゲームカードのシェアなどのサービスは提供されているとのことですが、ミニプログラムをもとにしたゲームは依然としてH5よりも人気が高まっており、この人気はこれからも高まり続けると見られます。以前はゲーム「H5」を始めるには主に微信アカウントやフレンドとのシェアを通じて行われていましたが、新リリースのミニゲームには現在以下のようなやり方があります。

1.微信でゲーム名を検索する
2.微信で「ゲーム」をタップし、「マイゲーム」からゲームを開く
3.フレンドにシェアしてもらう
4.微信メインページから「新しいミニプログラム」をタップし、ゲームの閲覧履歴から最近遊んだゲームを選ぶ

2

同様に、12月28日には最新リリースのAndroid8.1のQQ(ブラウザ名)の検索欄にミニプログラム専用の検索欄が登場し、これによりQQに新たな検索の形が現れたのです。
QQの責任者は、現在OSはミニプログラムの売り上げデータに基づき、優秀なミニプログラムにはスカウト制を導入し優秀なクリエイターにQQでの開発を担わせている、と述べています。クリエイターがミニプログラムのデバックを行うことで初めて、QQ上にアップすることが可能になるのです。

テンセントQQのユーザーは皆ミニプログラムのポテンシャルユーザーですが、検索エンジンの人気は必ずしもミニプログラムの人気を意味するだけではありません。
ミニプログラムは自らの専門外の分野にも進出を続けています。その一方で、ミニプログラムが人気を博す前からブラウザはユーザーが情報を手に入れる最も一般的な手段でした。しかし、テンセントQQは未だ「ライトアプリ」を用いてサービスを提供する人気アプリを見つけられていないため、現在ミニプログラムがリリースされてから直接ミニプログラムをブラウザに導入するようになったのです。
アラジン発表の 「2017年ミニプログラム白書」によれば、以前はミニプログラムにアクセスしたユーザーの最も多かったサービスは微信内での「シェア」で26.2%を占め、続いて「サービス一覧」が22.2%、「公式アカウント」が20.1%となっていました。

アラジン社長の史文禄氏は、次に人気を博すのはQQブラウザであると考えています。「QQブラウザの方が『即用即走(ルート案内サービス)』や『オンライン場景化(位置情報サービス)』に合っていますし、ユーザーの習慣やブラウザに対するリクエストに対応しやすいからです」と、史社長は述べています。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。