中国 中国決済

中国の決済システム概要:AliPay

AliPayは、オンラインとオフラインの両取引において中国で最大のオンライン決済システムです。中国で利用する際には、最も主要決済方法なのです。

歴史

AliPayは、電子商取引プラットフォーム(TaobaoとTmall)の拡張版としてAlibabaによって開発されました。言い換えれば、ほぼ中国のオンラインショッピングと同じくらい長い歴史を持つプラットフォームなのです。このプラットフォームが、WeChat Payが爆発的に登場するまでは、中国のオンライン決済環境をずっと支配していました。現在は、スマートフォンと銀行に口座を持つほとんどの中国人はAliPayを利用しています。

Ali Payは、eコマースサイトの主要な支払い方法であり、エスクローの一種として機能し、取引に両当事者が満足するまで金銭を安全に保ちます。

使用法

AliPayは、すべてのオンラインおよびオフライン取引に使用されています。オフラインの場合は、システム担当者がAli PayアプリでそのアカウントのQRコードをスキャンするか、バイヤーの電話で生成されたQRコードをスキャンします。

AliPayアプリ内に複数のサービスが既に統合されているためユーザーは“ユーティリティ”のところから請求書の支払い、飛行機または列車の航空券の購入、タクシーの予約などを行うことができるのです。

サポートされているデバイス

AliPayは実際にかなり多くの種類のモバイルデバイスをサポートするだけでなく、eコマースのウェブサイトなどのオンラインとのスムーズに統合を実現します。多くの支払いプラグインは既にAliPayのサポートを受けているか、現在開発中になっています。

取引手数料

消費者がAliPayを使用する最も魅力的な側面の1つは、大量の取引を除いて取引手数料がかからないということです。現在、手数料は2万元以上の引き出しの場合は0.1%とされています。このように、Ali Payはこのシステムを利用させることで、可能な限り多くの現金を流通させようとしています。

一方販売する側では、売り手に0.55%の手数料がかかります。それをクレジットカード会社が課した3〜4%の手数料と比較することで、AliPayの決済における手数料はあらゆる種類のベンダーに訴求可能な強みでもあるのです。

海外受入れ

AliPayは現在、18の通貨を利用することができ、中国国外へその適用範囲を広げようとしています。これまでの最大の障害は、中国自身が施行している規制に関連しています – 中国中央銀行は、あらゆる種類の現金流出に対して厳しい制限を設けています。にもかかわらず、交渉と検証のプロセスを強化することによって、Alibabaは中国以外の国での決済サービスを展開しています。

AliPayはサービス開始時には「初めてのサービス」の優位性を利用し、銀行が規制をする前に国際的にそのサービス範囲を拡大することができました。その拡大した先の国はヨーロッパと北アメリカで(2016年に縮小されましたが)、東南アジアは依然としてその重要ターゲット拠点でありました。

現在、半独立地帯や香港、マカオでは、サービスはすでにかなり一般的に広がっています。アジアの他の地域、特に韓国、タイ、フィリピンなど多くの中国人観光客を受け入れている地域では、Alipayが一般的な広く利用されています。また、ヨーロッパ、北米にもその利用は徐々に再燃しつつあります。
[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。