中国 中国事情

中国の飛行機でスマホが使えるようになりました!

題名を見て「?」と思った方も多いことと思います。中国の航空会社は機内でのスマホ使用を一切禁止していました。しかし、2018年1月15日にそのルールが解禁されたのです。

中国の航空機はスマホ禁止だった

みなさんご存知の通り、携帯電話の電波は電子機器や医療電気機器に影響を及ぼす場合があるため、航空機内や病院、電車の優先座席付近では電源をOFFにしなければなりませんでした。日本の航空法では、電源OFFと並んで電波を出さないモードに設定することが義務付けられています。そのため、現在のスマホには通話機能やパケット通信、Wi-Fiなどのすべての無線通信をOFFにする「機内モード」が設定されているのです。

現在は多くの航空会社が機内モードにしていれば離陸時にも電子機器類は使えるようになり、スマホもOKなのですが、中国系の航空会社はなぜか常にスマホは禁止となっていたのです。ただしタブレット端末はOKでした。タブレット端末でもSIMカードを挿入できるタイプのものはあるのに、不思議な話です。「パソコンやタブレットは使用できるがスマホは使用禁止」という謎のルールはどういうことなのでしょう。

中国の航空関係者の話によると「中国国内の移動体通信事業者がそれぞれ使用している周波数帯が異なるうえ、正規の携帯電話ではなく、山寨(偽物、パクリの意味)の携帯電話もあり、山寨携帯電話の機内での安全性が保障されていない」と言い、さらに「乗客のマナーもバラバラであり、乗客が機内モードにしてくれるか定かでないため、一律で機内での携帯電話の使用を禁止していた」とのことでした。

スマホ使用の解禁

2018年1月15日にそのルール解禁が発表され、多くの航空会社が解禁しています。中国民航局が「机上便携式电子设备(PED)使用评估指南」(携帯型電子機器の使用に関するガイドライン)を公布し、認定を受けた電子デバイスであれば航空機内での利用を許可するガイドラインを示しました。これにより中国航空機内では機内モードでも禁止されていたスマホの利用や機内WiFiサービスが実現可能になったのです。

機内での携帯電話使用の解禁を発表した中国国内航空会社は、
1/18~中国東方航空、海南航空
1/19~中国南方航空、上海航空、厦門航空、重慶航空、四川航空、福州航空
1/22~山東航空
2/1 ~春秋航空
解禁第1号となった東方航空便での機内アナウンスは「欢迎登机」ならぬ「欢迎开机」だったそうです。(欢迎:ようこそ、登机:搭乗、开机:スマホ起動)

機内モードのON/OFF設定

搭乗前に必ず「機内モード」の設定を済ませましょう。機内モードにすると、一度すべての電波関連の設定がオフになります。Wi-FiもBluetoothも、一気にオフになりますが、航空会社によってWi-FiおよびBluetoothの利用が許可されている場合は、そこからWi-FiやBluetoothの設定を改めてオンにすれば、いずれも使用可能になります。

iPhoneの場合

ホーム画面で「設定」を選択 → 機内モードを「オン」に変更。機内モード中は、「音声通話およびデータ通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」「GPS」「位置情報サービス」がオフになります。

Android端末の場合

Android端末のメニューボタン → 無線とネットワーク → 機内モードでチェックを入れます。もしくは、電源ボタンを長押しすると「電源を切る」と並列で「機内モード」という選択肢が出ますので、それをタップするだけです。端末によっては「電波OFFモード」という名称だったり、電源ボタンの長押しで表示されないこともあります。(機種によって異なりますのでこれが全てではありません)

設定が完了すると、電波を一切受け付けなくなります。設定をOFFに戻すときも同様の作業を行うだけでOKです。ちなみに、機内モード中に電話をかけてきた相手には話し中の音がアナウンスされます(端末によっては「ただいま携帯電話の電源を切る必要がある場所にいるため…」というガイダンスが流れることもあります)。また、原則は電話をかけることができませんが、緊急を要する110番、119番、118番のみ発信することができます。ただし、電話終了後は元通り機内モードに戻ります。

Android端末であれば指定した時間に「機内モード」のON/OFFを設定できるアプリ「 Ring Scheduler </a」を使えば便利です。また、機内モードのON/OFFはアプリやウィジェットからですと、さらに簡単に設定できます。「 MySettings </a」は、見た目にもわかりやすいシンプルなデザインでアプリを起動してワンタップでON/OFFの設定ができます。

そもそも端末は、電波が弱い時、圏外の時に電波を探そうとして、多くの電力を消費します。そんなとき、「機内モード」をONにすれば、通信はシャットアウトして無駄に電池を消費せずに済みます。また、就寝中にメールがきて困るといった場合ONにすれば、電波の通信を行わないので、メールは受信しません。「機内モード」でも、アラーム設定はオフラインで使用できるので安心して使えますので「機内モード」を上手に使い分けしましょう。

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。

China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。