中国 中国テクノロジー

1000万元から数億元レベル規模の投融資の1週間

京東はアリババと女性消費者を取り合うのでしょうか?

36氪では多くのニュースソースを総合し、読者の皆様のために各業界を代表的し、一定の動向に対応しうる億規模或いは1000万規模の投融資を選び順に挙げていくことにします。

億規模の投融資

・インテリジェントハードウェア

印刷よりも早い資金調達、カーボン3D社は融資のシリーズDラウンドで200億ドル資金を調達

カーボン3D社は最近、融資のシリーズDラウンドで200億ドルの資金を調達しました。強力なスポンサー陣には、Baillie Gifford、富達(Fidelity)、阿迪達斯風投(Hydra Ventures)、通用電気風投(GE Ventures)などが含まれ、元々のスポンサーである紅杉資本(Sequoia Capital)、Silver Lake Kraftwerk、Reinet Investmentsは追加投資を行いました。その他の投資家は、2018年初頭に明らかにされる予定です。カーボン3D社は、連続液界面製造(CLIP)テクノロジーと呼ばれる高速3Dプリントテクノロジーにより非常に投資家から人気を集めています。CLIPは従来の積層3Dプリント方式の25~100倍ものプリント速度で様々な素材への対応もでき、これにより3Dプリントは量産化が可能になりました。

・電子商取引

テンセントとJDが唯品会に8億6300万ドルの現金注入、JDは女性消費者市場進出のペースを加速

12月18日、JDはテンセントと共同で8億6300万ドルの現金投資を行い、取引決済後、両者は唯品会(Vipshop)の発行済み株式をそれぞれで7%と5.5%(所有済み株式を含む)を保有することになると発表しました。それによると、テンセントとJDは唯品会が新たに発行するA類普通株を引き受け、引受額はそれぞれで6億400万ドルと2億5900万ドルになります。引受価格はA類普通株が1株65.4ドルで、唯品会の米国預託株式(“ADS”、1ADS=0.2A類普通株)13.08ドル分に相当します。引受価格は、取引最終日2017年12月15日のADS終値に55%のプレミアムを上乗せたものです。

・不動産サービス

「優客工場」は2年半で30以上の都市に配置するため、シリーズCラウンドの融資で約3億元を獲得

12月22日午前、コワーキングスペースの優客工場(URWORK)はシリーズCラウンドの3億円の融資が完了し、前海梧桐M&Aファンドがリードインベスターを務め、中景恒基グループと場景実験室が共同出資し、投資後の企業価値は約90億円になると発表しました。公表データによれば、これは優客工場設立以来9回目の融資です。現在、優客工場は既に全国30余りの都市にコワーキングスペースを設置しています。2018年、優客工場はさらに2線都市に入り込み、様々なコミュニティ運営手段や用地利用を模索していきます。

・自動車交通

滴滴出行は40億ドル超のエクイティファイナンスを完了し、科学技術への投資、グローバル化及び新エネルギー自動車に資金を配置

12月21日、36氪が把握したところによると、滴滴出行は新たに40億ドル超のエクイティファイナンスを完了し、AI(人工知能)運転技術にさらに資金投入し、グローバル化及び新エネルギー自動車サービスを含めたイノベーション事業を促進させると発表しました。『財経』によると、滴滴出行の今回のスポンサーにはアブダビのムバダラ・キャピタルとソフトバンクグループが含まれています。現在、取引はすでに完了しています。消息筋によると、今回の融資完了後、滴滴出行の現金準備高は120億ドル近くになるとのことです。

浙江合衆新能源汽車が知合出行による12.5億元の資金投入を獲得し、初モデル車は来年中盤に販売開始

浙江合衆新能源汽車(Hozon Auto)は知合出行による12.5億元の資金投入を獲得し、支配株主の変更を行いました。合衆新能源汽車は2014年、北京億華通科技株式会社(SinoHytec)や浙江清華長三角研究院(Yangtze Delta Region Institute of Tsinghua University, Zhejiang)などの企業による共同出資を受け設立され、登記資本金は6.3億元です。この会社の創立者は元清華大学省エネルギー・新エネルギー自動車センター副主任方遠舟氏で、新エネルギー自動車の生産営業を許可された国内13番目のメーカーです。

艾康尼克が新たに12億元の融資を完了、天津工場は2019年操業開始予定

最近、天津艾康尼克新能源汽車公司(ICONIQ MOTORS)は新たな融資が完了したことを発表しました。この他、艾康尼克は天津工場改築プロジェクトが既に始動しており、天津ハイテク産業区の支援を受け、生産許可も工場竣工時に下りる見込みで、さらに南部地方において2つ目の工場建設を計画中です。艾康尼克は2年前に設立され、今年4月の上海モーターショーにおいて初めてのモデルICONIQ SEVENを発表、11月28日にはマイクロソフトとの提携を発表しました。2017年11月29日には、アイコニック・モーターズはドバイに初のフラッグシップショールームをオープンしました。

・医療健康

「新氧」はシリーズDラウンドで4億元の融資を獲得して、全方位医療美容マーケティングエコシステムを構築

36氪が把握したところによると、医療美容プラットフォーム「新氧」はシリーズD第1ラウンドで4億元の融資を完了し、今回の融資は安佰深股権投資集団(Apax Partners)と鼎暉投資(CDH)がリードインベスターを務め、元々のスポンサーである経緯中国(Matrix Partners China)とトラストブリッジパートナーズ摯信資本(Trustbridge Partners)が共同出資を行うと、今日の午後発表しました。団体提供のデータによると、新氧は現在中国本土の正規の医療美容市場プロバイダーの95%以上をカバーし、中国市場に加え継続的に海外市場も開拓しており、プラットフォーム事業では中国・日本・韓国・タイ・シンガポールの5カ国220の都市をカバーし、6600の正規医療美容機関と25814名の開業許可を持つ医師と提携し、サービスユーザーは累計2500万人です。

「融貫」は「B to B電子商取引+薬局SaaS+薬配達O2O」による医薬総合サービスプラットフォーム構築するため、シリーズC第1ラウンドで融資を獲得

12月21日、医薬産業チェーンサービスプラットフォームの北京融貫電子商務有限公司(Beijing Rogrand E-commerce Co., Ltd.)は、シリーズC第1ラウンドで数億元の融資を完了し、華蓋資本(HG Capital)傘下の華蓋医療基金HG医療基金(Healthcare Fund of HG Partners)と平安グループ傘下の平安創投(Ping An Ventures)が共同でリードインベスターを務めていると発表しました。我々が把握しているところでは、この資金はグループ建設、市場及び業務の拡大、コア製品の研究開発とアップグレードに用いられるとのことです。融貫電商は2012年創業の国内医薬品ECトータルサービスプロバイダーで、業務体系には医薬品サプライチェーンのサードパーティー製B to B取引プラットフォーム「我的医薬網」、SaaS型クラウド薬局システム「菲加雲」、クリニックの医薬品・医療設備購入や患者・カルテデータ管理のサポートを行うモバイルサービスプラットフォーム「我的診所」、及びローカライズされた医薬O2Oサービスプラットフォーム「我的康康」が含まれています。

「力品薬業」はシリーズBラウンドで2億元の融資を獲得し、口腔用ハイエンド製剤のグローバル化された生産を促進

12月19日、力品薬業(LP Pharmaceutical)はシリーズBラウンドで2億元の融資を獲得し、国営投創新(SDIC)が管理する先進製造業投資基金がリードインベスターを務め、招銀国際資本(CMBI)と片仔癀豊円群賢基金が共同出資すると発表しました。この資金は主に、革新的新薬の臨床研究や製品のグローバル化された生産に用いられるそうです。2015年8月、力品薬業は上海建信資本がリードインベスターを務めるシリーズAラウンドの融資を獲得しています。力品薬業は2012年11月に設立され、革新的な口腔用フィルム製剤や開発が難しい徐放性製剤の開発に力を専念し、国際市場に進出し販売する薬を製造しています。

・消費のバージョンアップ

「在楼下」は1億元超の融資を3ヶ月で3度獲得し、都市コミュニティの「公共の冷蔵庫」を創造

36氪が把握するところでは、北京在楼下科技有限公司は今年7月に設立され、3ヶ月のうちに3度の融資を完了し、その総額は1億元を超え、経営サイドにはIDG資本(IDG Capital Partners)、元璟資本(Vision Plus Capital)、九号創投(Unity Ventures)及び山行資本(Hike Capital)が含まれています。バリエーション豊かなニューリテール項目の中で、「在楼下」というネーミングは温かく描写性に富んでいます。階下にインテリジェント端末があり、コミュニティの人々にスナック、生鮮品、日用雑貨などを新鮮で便利な小売りサービスを提供すると同時に、WeChatグループ機能やマイクロアプリを利用しオンラインとオフラインを繋ぎ、オフライン端末とオンラインマーケットのチャンネル融合、及びオンラインオーダー・オフラインピックアップの体験融合を実現します。

永輝超市:紅旗チェーンの12%の株式を9億元超で買い取り

永輝超市(601933)の12月22日晩の発表によると、互恵・Win-Win実現のため、紅旗連鎖(002697)の実質的管理者曹世如と株主曹曽俊が所有する紅旗連鎖の株式を、1株当たり5.80元で1億6320万株(全株式の12%)買い取り、株式購入に関する合意に正式署名することを取締役会が合意したとのことです。この取引総額は、9億4656万元にのぼります。同時に、紅旗連鎖と戦略的協力枠組協定を締結し、包括的戦略的協力パートナーシップを確立し、戦略的協力を維持していくとのことです。紅旗連鎖の売買取引停止前の価格は、1株当たり6.38元でした。

・エンタープライズサービス

「訂貨宝」はシリーズBラウンドで1億5千万元の融資を獲得、中国数碼が投資

先日、「訂貨宝」はシリーズBラウンドで1億5千万元の融資を既に完了し、投資は中国数碼(Sino-i)によって行われたと正式に発表しました。これより前、同社は2015年5月にシリーズAラウンドで易一天使による数千万元の投資を獲得していました。最新データによると、訂貨宝の現在のユーザーは商業貿易流通分野の各業界をカバーし、日用消費財(FMCG)、飲食チェーン、アパレル、デジタル家電、装飾建材などが含まれています、サービスユーザーの累計数は100万近くあり、その中にはリンカーン・エレクトリック、スティーベルエルトロン、匯傑グループ、桃李麺麭のような国内外の有名企業も少なくありません。

・機関投資家

紅杉資本が50億ドル規模の巨大ベンチャーキャピタル設立を計画

消息筋によると、紅杉資本(Sequoia Capital)が50億ドル規模のベンチャーキャピタルの募集設立計画のための初歩的な議論を、現在行っているそうです。今回のファンドの規模は前回の2倍以上で、このシリコンバレー企業が裕福な外国人投資家へ抵抗するのを支援し、傘下のスタートアップ企業が自らの願い通り非上場の立場を維持するのを確実に保証するためのものです。このファンドは。紅杉資本のポートフォリオに既に含まれている科学技術ベンチャー企業にほぼ全て投資されます。消息筋によると、紅杉資本が十分な関心を引き付けられれば、それは2018年の第2四半期にこのファンドを利用した投資を開始するそうです。

*1000万規模の投融資

・フィンテック

トラベルローン会社UpLiftは数百のプロバイダーを整理統合するため、ステージBラウンドで9000万ドルの融資を獲得

アメリカのトラベルローンサービスプロバイダーであるUpLiftは12月21日、シリーズBラウンドで9000万ドルの融資を完了しました。その内7500万ドルはFortress Investment Group LLCの子会社が管理するファンドから、残りの1500万ドルはPAR Capital,Draper Nexus,Highgate Ventures及びExpedia前CEOのエリック・ブラックフォード氏からの資金です。本融資後、UpLiftの借入資本は2億ドルになります。

アライアンスチェーンで金融システムサービスで、ブロックチェーンプラットフォーム「趣鏈科技」はシリーズAラウンドで数千万元の融資を獲得

12月18日、ブロックチェーンプラットフォームの趣鏈科技(Hyperchain)は、スポンサーである亜東星辰とシリーズAラウンドにおける数千万元の融資について正式に合意しました。今回の融資は主に活用シーンのさらなる創出、最先端技術の持続的強化、グローバリゼーションの展開などに用いられると、趣鏈科技CEO李偉氏は述べています。2016年8月にも、趣鏈科技はPre-Aラウンドにおいて君宝通信、浙大網新(Insigma)及び信雅達(Sunyard)から出資された1750万元の融資を受けています。

「匯商通盈」はIDGがリードインベスターを務めるPre-Aラウンドの融資を獲得し、金融サービスにより中小企業と銀行との連絡を強化

36氪が把握しているところによると、中小企業金融付加価値サービスプロバイダーの匯商通盈(Munitedpass Technologies)は、近くPre-AラウンドにおいてIDGキャピタルパートナーズがリードインベスターを務め、中国科技開発院有限公司が共同出資する数千万元の融資を完了させるとのことです。これより前、匯商通盈は今年5月に威富通(Swiftpass)によるエンジェルラウンド投資を獲得しています。グループには現在30名余りのメンバーがおり、マネージメントグループメンバーはいずれもフィンテック業界出身のシリアルアントレプレナーです。

・カルチャー・エンターテイメント

「涵象文化」はエンジェルラウンドで1000万元近くの融資を獲得し、「白夜追凶」クラスの長篇ネットムービーを製作

36氪が把握するところによると、IPインキュベーションである映像制作会社の涵象文化は、洪泰基金(Angel Plus)による1000万元近いエンジェルラウンド融資を獲得したとのことです。涵象文化は2016年の暮れに設立され、コアチームは全員映画大学の演出学部・文学部出身プロパーであり、2017年に傘下で初めてオリジナルネット映画作品『海帯』を製作し、愛奇芸(IQIYI)で独占ネット配信されました。これはリアリズム的色彩を帯び、実験映画的な美学があり、精神分析も内容に含まれるSF作品で一般的に考えられている長編ネットムービー的なものとは全く反対です。現在『海帯』のクリック数は1000万近くにのぼり、豆瓣の採点では6.8点です。

締孚森は1000万元近いエンジェルラウンド融資を獲得し、規格化コンテンツの送出を通じヘビーアセットである密室ビジネスをより軽減化

36氪が把握するところによると、以前36氪が報道したオフラインリアルエンターテイメント企業の締孚森は、頭頭是道基金がリードインベスターを務める1000万元近いエンジェルラウンド融資を完了し、今回の融資は主にコンテンツのインキュベーションと生産に用いるとのことです。2015年設立の締孚森は、リアルロールプレイング密室脱出ゲームから産業チェーンにおかれています。

・自動車交通

「極奥科技」はソフトバンクチャイナによる1000万元レベルのPre-Aラウンド融資を獲得し、資金を交通シナリオ再構成に配置

最近、スマート輸送分野のスタートアップ企業「極奥科技」は、ソフトバンクチャイナベンチャーキャピタル(SBCVC)がスポンサーとなる数千万元のPre-Aラウンド融資を完了したと発表しました。極奥科技はクラウド上の車両データを利用して精度の高いデジタルマップを生産する企業で、その製品とサービスは数多くの自動車企業やTie1プロバイダー及び数多くの国内地図企業に認められ、現在ではすでにセーフティアシストドライビングや無人運転などの技術分野に応用されています。この資金は、主に交通シナリオ再構成に用いられます。

安騎科技は1000万元レベルの戦略的融資を獲得し、電気自動車3億台のスマート化実現へ

36氪のスクープによると、安騎科技は最近1000万元レベルの戦略的融資を獲得し、スポンサーは杭州得威と紅榕創投(Red-Banyan Capital)ですが、具体的な資金の流れは明らかにしていないとのことです。この資金は、ハードウェア生産に当てられます。安騎科技は電動自動車のスマートソリューションプロバイダーで、電気自動車の盗難防止から切り込み、ソフトとハードの融合サービスを提供しています。安騎科技のメインユーザーは、電気自動車のブランドとデリバリー・宅配便企業です。

「充充動力」が1000万元の戦略的投資を獲得し、ワイヤレス充電プラットフォームの開発と改良を強化

36氪が把握するところによると、充充動力は、揚州生態科技新城(Yangzhou Ecological and Technological New City)と揚州軟件園(Yangzhou Software Park)がスポンサーを務める1000万元の投資を獲得し、この資金はワイヤレス充電プラットフォームの研究開発と改良の強化に使用されるとのことです。充充動力は充充の持ち株子会社で揚州生態科技新城と共同設立され、主に新エネルギー自動車の充電事業を展開してきました。充充の創業者であり最高経営責任者(CEO)の覃李氏は、プロジェクト完成後、駐車場には専用充電エリアが設けられ、車を決まった位置に止め、プラットフォームをシャシーに近づけるとシステムが自動的に照準を定め非接触式の充電が行われると述べました。今後、ユーザーは充充のWeChatマイクロアプリを通じて、ワイヤレスチャージシステムを備えた駐車場を探すことができ、予想充電時間を入力すれば充電が始まるのです。

・電子商取引

冷凍食品サブスクリプションコマースのDaily Harvestは4,300万米ドルの資金を獲得し、主力商品ヘルシーフードの販促へ

近頃、冷凍食品サブスクリプションコマースのDaily Harvestは、シリーズBラウンドで4,300万ドルの融資を獲得しました。光速創投(Lightspeed China Partners)がリードインベスターを務め、VMG Partners、M13、女優のヘイリー・ダフさん、名シェフのボビー・フレイ氏、さらにオリンピック金メダリストのショーン・ホワイト氏も投資に参加しています。Daily Harvest提供のデータによれば、同社はソーシャルメディア戦略の成功により、女性の定期購入ユーザーは既に10万人に達しています。「ヘルシーフードをライフスタイルに」と呼びかけ、Daily Harvestはインスタグラムには12万8000人のフォロワーがいます。対照的に、85万人の定期購入ユーザーを擁するBlue Apronのフォロワーの数は29万人です。

越境ECの「旺集科技」はシリーズBラウンドで数千万元の融資を獲得、エクスポートロシアというビジネスはどうだろうか?

36氪が最近把握したところによると、エクスポートロシアというワンストップECサービスに力を入れている旺集科技は、シリーズBラウンドで賽富基金(SAIF Partners China)がリードインベスターを務める数千万元の融資を完了したばかりだということです。これより前、旺集科技は紅石誠金による1000万元のPre-Aラウンド融資、及び紅石誠金と厦門海西創投が共同で投資する4500万元のシリーズAラウンド融資も獲得しています。現在、UMKAには1000社近いブランドが出店し、SKUは約5万人、エレクトロニクス、家電、AV機器、アウトドアスポーツ、自動車部品、靴や衣料その他アクセサリーなどのカテゴリーをカバーしています。

・消費アップグレード

「鯤覚」は数千万元のシリーズAラウンド融資を獲得し、「店貨分離」モデルでインテリア・ホームテキスタイルの新たな小売り形態を模索

36氪が把握しているところによると、近頃、上海鯤覚傘下の「覚客体験店」が険峰長青(K2VC)がリードインベスターを務める数千万元のシリーズAラウンド融資を完了したということです。これより前、このプロジェクトはすでに過去1年以上にわたり、北京世紀長河(Beijing Century Galaxy)グループを含めたいくつかのエンジェル投資を受けていました。世紀長河は、A株の上場企業である美年健康(002044)の創業大株主です。上海鯤覚は国内で最も早く「店貨分離」式小売りモデルをシステマティックに模索した企業であり、「覚客体験店」はこのモデルのホームテキスタイルというニッチな分野における試みなのです。

飲食の新小売りがトレンドの「食雲集」が半年内にシリーズA+ラウンドで1000万ドル級の融資を獲得

飲食の新小売りブランド「食雲集(CHOMP Crowd)」は先日までにシリーズA+ラウンドで1000万ドル級の融資を完了し、藍馳創投(BlueRun)がリードインベスターを務め、SIG(海納亜州創投)、啓明創投(Qiming Venture Partners)及びBAI(貝塔斯曼亜州投資基金)が共同投資を行うとのことです。実際のところ、今回の融資は、シリーズAラウンドで1000万ドルの融資(リードインベスターはBAIと啓明創投)を獲得してから半年も経っていません。同社によれば、今回の融資は主にサービスモデルのさらなるアップグレードやグループと業務の規模の拡張のために用いられ、食の安全やコンプライアンスの方面への投資を継続的に増加させていくそうです。

「魔盒 Citybox」はシリーズBラウンドで2500万ドルの融資を獲得し、鍇明とSIGは新小売りを強化

36氪が把握しているところによると、小売り経営者向け内部参考情報が以前伝えた新小売りプロジェクトである魔盒Cityboxは先日、シリーズBラウンドでSIGと鍇明投資(ClearVue Partners)がリードインベスターを務める2500万ドルの融資を完了したとのことです。シリーズAラウンドでの1500万ドルの融資を発表してからまだ3ヶ月、今回の融資完了後の企業価値は6700万ドルに達します。今回の融資により、チャンネル開拓、BI・AIチームの拡張、そしてソフト及びハードの研究開発の強化に資金が投入されるとのことです。

「垂衣」はシリーズAラウンドで約100万ドルの融資獲得してまで、なぜ新消費時代にサブスクリプションコマースが必要なのか?

36氪が把握したところによると、メンズファッションのEC企業垂衣(CHAMPZEE)は近頃シリーズAラウンドで約100万ドルの融資を完了し、今回の融資はSIGがリードインベスターを務め、清流資本(Crystal Stream)、元璟資本(Vision Plus Capital)、天使湾創投(Tisiwi Venture Capital)、光合創投(Guanghe VC)などの旧来の株主が共同投資するということです。弈秋資本は、独立財務アドバイザーを担当します。垂衣は2015年に創業され、今年9月にPre-Aラウンドの融資を完了しました。現段階では、サブスクリプションユーザーの内10%が女性で、彼女たちは垂衣を通じ自分のパートナーの服装問題の解決法を選択するのです。

ペット用品ブランドの「未卡Vetreska」は1000万元近いエンジェルラウンド融資を完了

36氪が把握するところによると、ペット用品ブランド「未卡Vetreska」は近頃、エンジェルラウンドで伽利略資本がリードインベスターを務め、和君資本が共同出資する1000万元近い融資を完了したそうです。未卡Vetreskaは2015年に創業、ペット用おやつからアプローチを始めてペットの飼い主の消費需要を解決しており、今回の融資完了後、未卡Vetreskaは自社運営のECチャンネルを設立します。未卡Vetreskaの商品には、代理店として扱う海外のハイエンドなペット用品と自社デザインの商品が含まれています。

電子タバコの研究開発メーカー智勝致能は、エンジェルプラスラウンドで3000万元の融資を完了

36氪が把握したところ、電子タバコの研究開発メーカー智勝致能は本日、個人投資家が投資するエンジェルプラスラウンドの3000万元の融資を完了したそうです。今回の資金はヨーロッパ・アメリカ・東南アジア市場の開拓、ブランド構築、研究開発チームの拡充のために使用されます。智勝致能は一体化型の電子タバコを研究開発から設計し、販売する能力を具えています。智勝致能の電子タバコは密閉式のアトマイザータンクと、金属である亜鉛合金製のケース(アップル社iPhoneのアルミ合金製ボディに質感が類似)を採用し、電子タバコからのオイル漏れ、低い耐摩耗性及び貧弱な外観デザインという市場に出ている一部の電子タバコに見られる問題を解決しようとしています。

・物流輸送

「万超幇」はPre-Aラウンドで数千万元の融資を獲得し、「保管と配送の共有」で日用消費財代理店ビジネスを確立に

12月22日、日用消費財(FMCG)保管配送統合サービスプラットフォームの万超幇は次のような発表をしました。Pre-Aラウンドで数千万元の融資を獲得し、リードインベスターを君上資本が務め、君孜資本戦略が共同出資し、今回の融資は主にシステム構築と市場運営に用いられます。この他、煙新商盟、網新新雲聯、雲聯金服などとの戦略提携合意に署名しました。万超幇は2016年に設立された保管配送+B to B取引プラットフォームであり、上流のブランドから下流の小売店・代理店・維持管理要員・配送部隊までをひとつに連ね、日用消費財の一次代理店が商品保管と配送の問題を解決するサポートをしています。

・エンタープライズサービス

企業の「未然防止」をサポートするため、ConvercentはシリーズEラウンドで2500万ドルの融資を獲得

2017年12月19日、ConvercentはシリーズEラウンドで、Rho Venturesがリードインベスターを務め、Sapphire VenturesとTola Capitalが共同投資を行う2500万ドルの融資を獲得しました。今回の融資を経て、Convercentの融資総額は7120万ドルに達しました。新たな資金はクラウドプラットフォームでのプロダクトイノベーションの推進、データサイエンスの発展及び分析能力の向上のために用いられます。Convercentは企業のモラル及びコンプライアンスの問題解決をサポートするSaas企業で、企業のために大量の企業データを掘り起こして潜在的なモラルリスクを探り出します。

YI Tunnel はPre-Aラウンドで数千万元の融資を獲得し、無人冷蔵庫自動決済プランを推進

36氪が把握するところによると、マシンビジョン技術に基づく自動決済プランを小売店に提供するYI Tunnelは近いうちに、Pre-Aラウンドにおける数千万元の融資を獲得し、そのリードインベスターを昆仲資本(Kinzon Capital)が務め、旧来のスポンサーである百度風投(Baidu Ventures)と峰尚資本(Fengshang Capital)が共同出資するとのことです。同社は今年10月、エンジェルラウンドで百度風投と峰尚資本による数千万元の投資を獲得したことを発表しています。YI Tunnelは主に小売店にマシンビジョン技術に基づいた自動決済プランを提供し、以前には伝統的な小売り決済の場面をターゲットにしたYI Tunnel AI無人レジ、Amazon Goより低コストなSuper Y純視覚技術I無人店舗ソリューションを打ち出しました。

企業に全面的な安全維持管理を提供、「四維創智」、エンジェルラウンドで華耀資本による1000万元レベルの投資を獲得

36氪が把握したところによると、情報セキュリティテストおよび開発プロバイダーの四維創智(4Dogs)は近頃、エンジェルラウンドにおいて華耀資本(Horus Capital)による1000万元レベルの融資を獲得したことを発表しました。今回の融資は主に、製品の反復更新や市場の拡大に用いられるそうです。四維創智は2013年創業のインターネットセキュリティ企業であり、主に企業のモバイルセキュリティやワイヤレスセキュリティの安全維持管理を行っています。現在、四維創智には、電力・金融・軍需・電気通信・エネルギー・公共インフラなどの分野の100以上のユーザーが既におり、そこには国家電網(State Grid Corporation of China)・国家信息技術安全研究中心・海軍某部・総参謀部・公安組織などの政府部門や大企業も含まれています。

・インテリジェントハードウェア

近いうちに「黒眸科技」はエンジェルラウンドにおいて1000万元レベルの融資を完了し、高コストパフォーマンスのvSLAM案でハイアールから受注

36氪が把握するところによると、マシンビジョンのスタートアップ企業「黒眸科技」はエンジェルラウンドで、近いうちにどこかのスポンサーから1000万元レベルの融資を完了し、今回の資金は主にチームの拡充に用いられるそうです。黒眸科技はマシンビジョン企業と位置づけられ、vSLAMや顔認証など自主的に研究開発した様々なアルゴリズムを擁しています。創業者であり最高経営責任者(CEO)の凌璠氏は20年近い科学研究と製品開発の経験を持ち、高通中国(Qualcomm)マシンビジョン部門の責任者を勤めていましが、2016年末に高通中国最高エンジニアの肩書きと共に退職し黒眸科技を創業しました。

「分音塔科技」は海外旅行時のポータブルトランスレーターを製造するため、Pre-Aラウンドで3000万ドルの融資を獲得

12月21日、機械翻訳企業の分音塔科技(Babel Technology)はPre-Aラウンドにおいて東方国獅がスポンサーとなる3000万元の融資を獲得済みで、今回の融資は主に技術研究開発と市場拡大のために用いられると正式に発表しました。これより前に、同社はエンジェルラウンドにおいて東方国獅がリードインベスターを務める1000万元近い融資も獲得しています。分音塔科技は自社製品に準児翻訳機と命名しましたが、多言語コミュニケーションにおける「準(正確さ)」を意図しているのです。これは海外旅行バージョンechoと位置づけられ、機械学習をベースに旅行シーンでの通訳となってくれるのです。

・ローカルライフ

「助理来也」はシリーズBラウンドにおいて1000万ドルの融資を完了し、産業バーチャルアシスタント「吾来」を発表

36氪が把握しているところによると、「助理来也」は既にシリーズBラウンドにおいて1000万ドルの融資を完了し、双湖資本(Wu Capital)がリードインベスターを務め、光速創投(Lightspeed China Partners)と紅杉中国(Sequoia Capital)が共同出資し、融資は主に技術研究開発、人材招聘、企業ユーザーに向けたアシスタント製品「吾来」の普及に用いられるとのことです。昨年末、同社はシリーズAラウンドにおいて、Microsoftがリードインベスターを務め、光速中国と紅杉資本が共同出資する数千万元の融資を獲得しています。

「蓋得排行」はシリーズAラウンドにおいて1000万元の融資を獲得し、ローカルライフの消費者ガイドは上海・深圳などに拡大

消費者評価プラットフォーム蓋得排行は最近、シリーズAラウンドにおいて時間資本(Time Capital)から出資された1000万元の融資を完了したと発表しました。蓋得排行は主にPGCランキング形式により、ローカルグルメ・ホテル・エンターテイメント・教育・医療などで各種消費内容に関するランキングを含む数多くの消費者の参考になる情報を提供しています。現在、蓋得排行1ヶ月当たりのアクティブユーザー数は16万人、「商品ランキング」では900近い種類の商品や5000超のグローバルブランドに触れ、カバー都市には広州や北京が含まれています。今回の融資後、蓋得排行はコンテンツ(ランキング)を充実させると同時に、上海・深圳・香港・成都・重慶などの都市にも拡大していきます。

・教育訓練

「愛思益Alipay AceOffer」はPre-Aラウンドで融資完了後、現地化の強みにより海外市場に適合

36氪が把握しているところによると、我々が以前取り上げた教育訓練ブランド「愛思益求職AceOffer」は2017年11月に、Pre-Aラウンドにおいて1000万元近い融資を完了し、今回の融資のリードインベスターは上海拙朴(Shanghai Simple Investment Center)が務め、易賛資本が共同出資を行い、青桐資本(Phoenix Tree Capital)が独立財務アドバイザーを務めるということです。グループ提供のデータによると、現在愛思益は30万人を超えるファンユーザーと1万人を超える課金ユーザーを擁し、そのうち受講生オファー獲得率は90%近くあり、全体の粗利益は約70%ですが、具体的な営業収入がどれくらいのレベルなのかは今のところ明らかにしていません。

「泛芸学苑」はPre-Aラウンドにおいて1000万元レベルの融資を獲得し、ITデザインのオンライン職業訓練に集中

36氪が把握しているところによると、オンラインITデザイン職業教育ブランドの泛芸学苑は、すでにPre-Aラウンドにおいて1000万元レベルの融資を完了させ、険峰長青(K2VC)がリードインベスターを務め、儒芸資本(Ruyi Capital)とエンジェル投資家の亦聯資本(Engage Capital)が共同出資を行ったということです。この資金は教育サービスの強化、カリキュラムモデルの整備、無料学習コミュニティ、カリキュラム追加のために使用されます。これより前、泛芸学苑はエンジェルラウンドにおいて歓聚時代(YY)がリードインベスターを務め、上海容大教育が共同出資する430万元の融資を獲得しています。泛芸学苑は2015年に設立され、主に卒業見込みの大学生やデザイン業界の求職者に対してオンラインITデザイン職業訓練を行っています。

「東方啓音」は自閉症や言語障害の子供に治療を提供するため、シリーズBラウンドにおいて2500万ドルの融資を獲得

36氪が把握しているところによると、言語療法機関である東方啓音は本日までにシリーズBラウンドにおいて2500万ドルの融資を完了し、北極光創投(Northern Light Venture Capital)・斯道資本(Eight Roads)・F-Prime基金がリードインベスターを務め、長嶺資本(Long Hill Capital)が共同出資するということです。このうち、斯道資本とF-Prime基金が東方啓音のシリーズAラウンドのスポンサーです。東方啓音は国外の専門的な言語療法技術の導入により、脳性麻痺・ダウン症候群・聴覚障害・ADHD(注意欠陥多動性障害)・発育遅延・自閉症などを患っている特殊児童へ口腔筋と認知発達のための訓練指導を提供しています。

*ベンチャーキャピタリストはかく語りき

エンジェル投資家王剛の29の投資経験

エンジェル投資家とCEOとの関係を正します。たとえあなたがインキュベートする会社であっても、投資家は25%の名誉、50%の利益、100%の援助そして0%の権力、CEOは100%の名誉、100%の利益、300%の努力、100%の権力です。投資家はCEOの放つ光を覆い隠すことはできず、会社の権力に触れることはできません。幸運にも優れたプロジェクトに投資できることもありますが、引き続き優れたプロジェクトに投資できるようにするには、自分のコアコンピタンスを構築する必要があります。しかし、多くの場合、私たちは天国にいるとき、つまり最もいい気分になっている時、どうやって(天国に)飛んできたのかではなく、次により強い風が吹くのはどこかを考えます。

36氪の創設者劉成城:バブルは社会にとっての褒め言葉

バブルは社会に対する褒め言葉だと思います。例えば、インターネットバブルのためにインターネットの進展が加速し、シェアサイクルバブルにより共有モビリティの進展が加速しました。しかし、資金についていえば、バブルは多額の資金を消費し、一部の人についていえば、この業界に入って創業後に死亡し、その後廃業した場合、彼らにとってはけなす意味の言葉になるかもしれません。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。

China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。