インバウンド

日本の「おもてなし」という文化

2020年東京オリンピックの招致にあたり、滝川クリステルさんがアンバサダーとしてフランス語で「日本のおもてなし」というものを紹介し、これによって「お・も・て・な・し」という言葉が世界に広まり、また2013年の新語・流行語大賞にも選ばれました。海外から見た「日本のおもてなし」とは何かを探ってみました。

「おもてなし」とは何か

「もてなし」とは「客に対する扱い・待遇」を指しますが、この「もてなし」に「お」をつけて丁寧にした言い方の「おもてなし」は、心のこもった待遇のことで、顧客に対して心をこめて歓待や接待やサービスをすることを言います。元々は「お遍路接待」など、布施の精神に基づくものが、日本の文化として広まり、今の「おもてなし」として定着したのです。

地方公共団体にはインバウンド対策として「おもてなし課」を設置しているところがあります。日本政府は、国家政策として観光立国を打ち出し、観光立国の実現のためには各地域において、国外・国内からの旅行者の受け入れ体制を向上させる必要があるため、観光庁は2014年に、各地域の観光協会等に参加を促し「観光おもてなし研究会」を設置しています。

日本のおもてなし

日本に住んでいて日々当たり前に感じる事柄は、当の日本人にはなかなか気が付きにくいものですが、外国人にとっては、これが「日本のおもてなし」と感じることがあるのです。外国人のアンケートで評価の高かった外国人から見た「日本のおもてなし」を紹介します。

駅のおもてなし

外国人が日本のおもてなしとして感じる第1位は「駅のおもてなし」だそうです。まずは交通機関において時間通りに電車が到着することには驚くといいます。海外では時間にルーズなところも多く、電車の機械のように正確な時刻管理はすごいことのようです。言われてみれば、確かにそのとおりなのかも知れません。

旅館のおもてなし

旅館では、従業員の丁寧なおもてなしを肌で感じるといいます。お出迎えはもちろん、食事の配膳から布団の準備まで、細かいところへの気配りも感じているようです。地方の旅館では、その土地の郷土料理が振る舞われたり、郷土文化・民芸を披露してくれる宿もあることから、とても感激されることが多いようです。

デパートのおもてなし

デパートの入口で店員が「いらっしゃませ」と挨拶をすることや、また、エレベーター・ガールの存在に外国人は驚くといいます。エレベーターに乗ると、行き先フロアを聞いて押してくれたりすることなど、意外なエスコートに戸惑いすら感じる様です。もちろん、デパートだけでなく、レストラン、銀行、ホテル、コンビニなど、どんな場所でも店員の丁寧な対応に驚くようです。

「おもてなし」は日本の文化

他にも、新幹線の車内が常に清潔に保たれていたり、「クルマよりも歩行者が優先」「ルールを守る」といったことなど、日本人が普段、当たり前に思っていることも外国人にとってはアメージングであり「おもてなし」としてとらえられる事が沢山あるようです。

私達日本人にとって「おもてなし」は特別扱い的な感覚を持つのですが、外国人目線では「おもてなし」を「生活に溶け込んでいる文化」としてとらえていることを認識させられます。すなわち、冒頭の滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」は日本人が言う「おもてなし」とは少しだけ違った形で伝わってしまったのでしょうか。

いずれにしても、「おもてなし」を日本の文化として捉えられていることは確かであり、外国人から見たらすばらしい習慣・文化が溢れている日本を誇らしく思います。

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。