中国 中国決済

中国の決済システム概要:ユニオンペイ

ユニオンペイは、中国および海外で最大の地域を持つ国営のクレジットカードおよびデビットカードシステムです。オンラインでは、AliPayとWeChatと競合しています。

歴史

ユニオンペイは、AliPayの出現まで完全な市場独占を享受していた中国の国家主催のデビットカードおよびクレジットカードプロバイダーです。それは依然としてオフライン取引のための最も一般的な支払方法であり、オンライン決済市場への参入は比較的最近です。

2017年5月に、ユニオンペイはレビューした他の2つの支払いシステムと同様に、最初のQRコードベースの支払い方法を導入しました。しかし、市場の約90%を既に支配しているAliPayとWeChat Payとの間の険しい戦いになります。ユニオンペイの最大の利点は、その巨大なユーザーベースです。銀行口座を持つすべての中国人は、すでに165の参加銀行のうちの1つの顧客であるためユニオンペイにリンクしています。ユニオンペイは、2016年内に54億枚以上のカードを発行し、380億件を超える取引を処理しています。

使用法

ユニオンペイはクレジットカードを発行していますが、中国の主要なデビットカードプロバイダとして知られています。常にユーザーの銀行口座にリンクされており、取引を処理するために物理カードを使用する必要があります。前述のQR支払いシステムとモバイルアプリの導入までは、これが支払いを処理する唯一の方法でした。

ユニオンペイは依然として中国で最も一般的に受け入れられている支払い方法であり、ほとんどすべての事業がネットワークのメンバーです。ほとんどの政府サービスは、ユニオンペイも受け入れます。

残念ながら、磁気ストリップとセキュリティピンに依存しているため、ユニオンペイは安全性の低い支払い方法になっています。中国のソーシャルメディアは、ユニオンペイカードをコピーまたは盗んだ結果、空になったアカウントの恐ろしい話がいっぱいです。対照的に、AliPayとWeChatは、暗号化、動的に生成されたQRコード、ユーザーのスマートフォンへのリンクによって、はるかに安全です。

サポートされているデバイス

ユニオンペイ支払システムは、あらゆるタイプのモバイルデバイスとウェブサイトの統合をサポートします。現在、中国の銀行口座を中国のAppleの決済システムにリンクする唯一の方法であるApple Payとリンクすることもできます。

ユニオンペイカードを使用してオフラインで購入する場合は、POSで特別なカードスキャンデバイスが必要です。

取引手数料

ユニオンペイの取引手数料は、クレジットカードと同じロジックに従います。手数料は売り手(オンラインまたはオフライン加盟店)に課され、バイヤーには手数料はかかりません。加盟店に請求される手数料は、銀行の取り分(0.7%)とUnionPay手数料(0.1%)の合計額になります。

海外受入れ

ユニオンペイは、中国以外で最も一般的に受け入れられている中国の決済方法です。ユニオンペイの銀行への連動のおかげで、アジアのほとんどのATM、及びさらに北米とヨーロッパでも、ユニオンペイの引き出しを受け入れます。ほとんどの大手デパートを含む海外の多数の事業でも、ユニオンペイを受け入れています。

また、AliPayやWeChat Payとは異なり、ユニオンペイは世界のほぼすべての通貨を処理することができます。

中国の観光ブームはユニオンペイを祝福しています:.2015年には、米国に旅行した250万人の中国人は滞在期間中に、40億ドル以上使いました。これらの取引の大半はユニオンペイで処理されました。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。