中国 中国Web

中国の最もリッチマン・Jack Maに関する10の興味深い事実

Alibabaグループ の創設者兼執行役員であるJack Maは最近、中国の最もリッチマンであった大連ワンダグループのWang Jianlinを追い抜きました。彼の控えめな経歴や当初からの政治的なコネの欠如など、中国のビジネスエリートの中でJack Maをユニークにする多くのことがあります。また、XiaoMi (Lei Jun)、Tencent (Ma Huateng)、Baidu(Robin Li)などの中国の成功したインターネット企業や技術企業の創業者のほとんどとは対照的に、Jack Maは技術的背景や訓練を受けたことがありませんでした。

Alibabaの創業者Jack Maについての10の興味深い事実

ピボタル友情

若いJack Maの人生における重要な瞬間は、オーストラリアのティーンエイジャーである David Morley と父親 Ken Morleyとの出会いと友情の発展でした。彼らは彼に英語を教え、最初のアパートを買いました。実際、彼の中国語の名前を正確に発音できなかったオーストラリア人の友人によって、英語の名前「Jack」が与えられました。

アイ・オープニング・トリップ

1985年、 Jackはオーストラリアで一ヶ月の休暇を過ごしました。その旅行は彼によれば彼の人生を変えました。インタビューの中で彼が言ったことは次のとおりです。「中国を出る前に、私は中国が世界で最も豊かで幸せな国であると教えられていました。だから、私がオーストラリアに到着したとき、なんとまあ、、すべてが私の聞いていたこととは違っていると思いました。それ以来、私は異なった考え方をし始めました。

教育

Jack Maは、より有名な大学に入るための試験に合格できず、彼の故郷の都市の“最悪”の大学のひとつ-杭州教師大学に決めなければなりませんでした。

求人検索

Jack Maは卒業後、まともな仕事を見つけるのに苦労し、ケンタッキー・フライド・チキンでも断られました。彼は最終的に、月給100~120元(12~15ドル)しかない教職を見つけました。

インターネットに出会う

Maの人生における次の重要な出来事は、1995年に貿易代表団の一員としてシアトルに旅行したことです。これが初めてインターネットを体験した場所です。その瞬間、将来何をするにしても、インターネットに関するものでなければならないことに気づきました。

最初のビジネスベンチャー

米国からの帰国直後、彼の妻と友人とともに、Jack Maは2万ドルを調達し、企業向けのウェブサイト制作に特化したインターネット会社を設立しました。それは “China Yellow Pages”と呼ばれ、3年以内に80万ドルの企業に成長し、その時点で彼はそこから身を引き、アリババをつくるために杭州に戻りました。

アリババ設立

Alibabaは1999年に、中国のメーカーと西洋のバイヤーを結ぶ中国のBtoBマーケットサイトとして設立されました。元の投資は、Jackがアイデアを実現させるために彼のアパートに集めた18人の友人からの60,000ドルだけでした。

Alibabaの最初の年

2002年の終わりまでに、Alibabaはほとんど利益を得ることすらなく、落ち目の状態にありました。製品と継続的な学習サイクルの改善に焦点を当てました。今日、同社は240以上の国や地域から7,900万人以上の会員にサービスを提供しています。

太極拳

Jack Maは2009年から太極拳を練習している愛好家です。彼は、Alibabaの従業員に出席が必須である正規のクラスを教えるために太極拳のマスターを頻繁に雇います。彼は、中国最大の電子商取引会社の創設者としてではなく、太極拳のマスターとして人々の記憶に残ることを願っています。

保全作業

Jack Maはまた、中国および世界各地での保護活動の著名な支持者でもあります。彼は中国自然保護プログラムの理事会委員長としての彼の新しい役割に専念しており、最近500万ドルの寄付を行いました。

もっと学びたい方は、Jack MaについてDuncan Clarkによる本 “ Alibaba: The House That Jack Ma Built.”を入手してください。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。