中国Webニュース

百度モバイル 悪質ランディングページを一網打尽

5月10日、百度站長平台(ウェブマスターツール)の内部への発信で、100件以上のランディングページがユーザーの会員サイトへ悪影響を及ぼす可能性があると警告しました。そのサイトの一部は検索ユーザーへ与える影響が甚大として、既に最適化処理されています。

モバイルインターネットの急速な発展に伴い、ユーザーが携帯電話でサイトにアクセスしすると、過去の広告が掲載されます。この現象に対応すべく百度モバイルは大規模な取締りを行い該当するモバイルサイトを処罰しました。
現在、毎日検索結果に何百万ものPV関連のランディングページが表示されていますが百度によってモバイル検索が最適化され、百度はユーザーの検索体験を守り今後もモバイル検索の最適化の範囲を徐々に拡大していきます。

プラットフォーム規定は大変参考になります。

サイトの最適化を防止し現状を維持するために、すぐに「百度モバイル ランディングページ検索体験白書——広告編」と「百度検索 モバイルフレンドリー(Mobile Friendly)マニュアルV1.0」で紹介する各種基準と原則を参考にしてサイト内のページに対して完璧に実行してください。ここで特にお伝えしたいのは、ランディングページマニュアルはユーザー(体験)のリクエストが高まるにつれ、将来どんどん厳しくなっていくということです。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。