中国 中国アプリ

11月の全世界アプリランキング:任天堂『動物の森 ポケットキャンプ』がダウンロード数トップ、『王者栄耀』がトップセールス首位をキープ

11月に新たにランクインしたアメリカContextLogic社の『Wish』は、主に11月末のブラックフライデーのおかげでショッピングアプリの中でも最速の成長をとげたアプリになりました。

先日、モバイルアプリプラットフォームのApp Annieが『2017年11月全世界アプリ市場分析』を報告しました。これには全世界のiOS&Google Playダウンロード企業ランキング、全世界iOS&Google Playアプリダウンロードランキング、及び全世界iOS&Google Playアプリセールスランキングが含まれています。
具体的な内容を見ると、11月の全世界iOS&Google Playダウンロード企業ランキングでは、『荒野行動』と『Rules of Survival』の二つのPUBG系ゲームを打ち出しているNetEase(網易)がさっそくトップ10入りを果たしたほか、フランスのVoodooも『Dune!』のおかげでトップ10に名を連ねました。
企業収入ランキングでは前月とあまり変わらず、テンセント(騰訊)、NetEase(網易)、アクティビジョン・ブリザード、及びネットマーブルが上位4社を占めています。


全世界iOS&Google Playアプリダウンロードランキングで最大の目玉は任天堂が10月末にリリースした『動物の森 ポケットキャンプ』で、同じく人気ゲームであるNetEaseの『荒野行動』を抑えて見事ランキング5位に躍り出ました。また11月に新たにランクインしたアメリカContextLogic社の『Wish』は、主に11月末のブラックフライデーのおかげでショッピングアプリの中でも最速の成長をとげたアプリになりました。


全世界のトップセールスランキングでは『王者栄耀』が首位をキープしており、全体的にランキングの大きな変化は見られませんでした。

任天堂『動物の森 ポケットキャンプ』が全世界ダウンロードNo1、NetEaseのPUBG系ゲーム2種がそれぞれ2位と3位

ゲームアプリのランキングではニューリリースのゲームが勢いをみせており、全体的に大きな動きがみられました。
任天堂が10月末にリリースした『動物の森 ポケットキャンプ』がトップに躍り出ました。そのすぐ後につけているのがNetEaseのPUBG系ゲーム『荒野行動』と『Rules of Survaival』です。この二つは11月上旬にリリースされたにもかかわらず早くもトップ3に上りました。
また注目できるニューリリースとしてVoodooの『Dune!』、Nekkiのシャドウファイト3、EAの『FIFAサッカー』があります。

Wishがショッピングアプリとしては唯一ランクイン、テンセントビデオがトップセールスランキングの首位を保持

ゲーム以外のアプリでは、11月の全世界アプリダウンロードとトップセールスは比較的安定しています。
その中でダウンロード数の大幅な増加をみせたアメリカContextLogic社の『Wish』は、ショッピングアプリとしては唯一ランクインを果たしています。App Annieの統計によると、Wishは11月だけでもアメリカで12の広告プラットフォームを使い、1,000を超える広告を行ったということですから、今回のランクインはモバイルプラットフォーム上での継続的なコマーシャルの結果だと言えるでしょう。

トップセールスでは、テンセントビデオが相変わらず首位を守っているが、快手も追い上げを見せており、ゲーム以外の全世界アプリトップセールスランキングでは2つ順位を上げた4位につけています。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。