中国Webニュース

裏アカ大打撃!百家号 会計は全て実名で管理

5月16日、百度は百家号のアップグレードを行いましたが、今回のアップグレードは史上最大級のインパクトを誇り、多くの操作プラットフォームが淘汰されてしまいます。アップグレードによっていわゆる実名制が導入されました。

今回、百度が発表した一番メインとなる規制が実名制です。アカウントへの入金は全て最初の登録で提出された口座へ行われ、後で登録された口座情報に対して、現在振込み出来ず、こうして百度はあっと言う間に裏アカウントのほとんどを一掃しました。

後から登録された百家号アカウントの会計情報に対して、プラットフォームでは振込みしていません。アカウントがの現金引き出しについてはどのアカウントへ振り込まれるかはやはり百度側の態度を伺うしかなく、結局は百度のおかげで生活できています。也许百家号アカウントは現在飽和状態ですので、一定数が必ず凍結されます。

現在、コンテンツビジネスがますます盛んになり、ネットサービス各社はインターネットの企業の多くはポータルサイトとして、今日頭條、ペンギンアカウント、大魚号、Netease、広告収入または他のプラットフォームの補助する目的でプラットフォームを開始しています。 これもアカウントが大量に増殖した要因で、3月に廬松松ブログが「コンテンツ大量作成者 悪事が明らかに」という記事を執筆しているますので、ご一読ください。セルフメディアプラットフォームが淘汰されてきましたが、まだ裏アカウントを作成している人はいますし、グループもまだ存在します。 このことを考えると、今後コンテンツビジネスで裏アカウントを大量に作成している人たちはのまとめて一掃されることでしょう。

[原文]

 

 

 

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。

China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。