中国 中国EC

1688.comとは

1688.comは、中国アリババが運営するBtoB(企業間取引)向けWebサイトです。
卸売りを中心業務に、各種原材料・工業品・服飾雑貨・家具日用品など16の部門を持ち、原材料の提供から加工処理・仕上げた商品の卸売りまでのサービスを提供しています。
1688.comプラットフォームは、「買い物はTaobao、卸売りは1688」という旗を揚げ、世界最大規模のオンライン卸売市場を目指しています。
またこの「1688.com」では、タオバオモール(淘宝商城)などでも使われている決済サービスのアリペイ(支付宝)で支払うことができます。
1688.comは企業ユーザ向けなので、アリペイ(支付宝)利用金額も大幅に増え、かなりのキャッシュフローの増加とファイナンス面の利益が見込まれると思われます。

アリババのECサービス

アリババが提供するECサービスは、法人向け・個人向けとも、全てアリペイ(支付宝)でカバーできることになりました。

BtoB:アリババ(阿里巴巴1688.com)
BtoC:タオバオモール(淘宝商城)
CtoC:タオバオワン(淘宝網)

もはやアリババグループは、インターネットの中華圏においてはアリペイ(支付宝)という通貨を発行している金融業者と同じですね。

1688.comのメリット

出品者には「工場直営店」が多く存在し、タオバオや天猫に比べて安い商品があるため1688.com(アリババ)から商品を大量に仕入れてタオバオ店舗で販売するという手法をとっているタオバオショップが数多く存在します。
また、工場直営店が多いので商品のオリジナル化・OEM化もスムーズに対応させる事が可能になります。

1688.comのデメリット

タオバオや天猫に比べ業者向けの為、粗悪品を販売しているショップか否かの見極めが難しく、評価欄を確認することが大切です。
また、購入数量により単価が変動するシステムが組み込まれているため、更に値引き交渉の成功率は極端に低い。
ショップのほとんどは生産工場のため、販売や営業に慣れておらず、問い合わせに対してのレスポンスが遅い店舗が比較的多くある。

輸入販売プラットフォームとしての1688.com

アリババは、輸入にかかわる複雑な手続きをできるだけ簡略化して、国外企業が中国国内の仕入れマーケットと連結することで、国外の優良な商品をより多く輸入できるようにすることを目指しています。
1688.comのプラットフォームを通じて商品を輸入すれば、既存の輸入方式に比べて、コストを削減でき、消費者に商品が届くまでの時間もこれまでより、早くなります。
オンライングローバル仕入れの利用により、一般的な消耗品に限らず、繊維商品・衣服の生地なども豊富に輸入できるようになると期待されています。

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。

China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。